名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その13

171109暁
                                                       2017年11月8日 暁
タカの渡り全国ネットワークのHPを見ると、
11月16日現在、今期のタカのカウントを継続している箇所は数カ所程度とかなり縮小しましたが、
ここ名護岳も細々ではありますがカウントを継続しています。




171109朝日
                                                      2017年11月9日 朝日
名護岳の調査期間は、アカハラダカの第一陣が姿を見せる前から開始し、
サシバの渡りが終了し、ツミやハイタカの渡りがひと段落つくあたりまでとし、
過去のデータを参考に9月8日から11月23日までと決めています。




171109朝霧
                                                      2017年11月8日 朝霧
ただ実際の渡りはきっちり終わることは無く、年によってばらつきもあり、
12月に入ってもサシバが渡ってくることもありますが、
終わりを決めておかないときりがないので・・・。




171109ハイタカメス
                                                  2017年11月9日 ハイタカ幼鳥
11月9日、朝から快晴で北寄りの風4〜5m/sと渡り日和になり、
7時台に早速ハイタカ幼鳥が姿を見せました。





171109ツミ幼鳥3
                                                    2017年11月9日 ツミ幼鳥
続いてツミ幼鳥が現れ、その後8時台にも2羽のツミが現れ南へ渡って行きました。






171109ツミ幼鳥1
                                                    2017年11月9日 ツミ幼鳥







171109ツミ幼鳥4
                                                    2017年11月9日 ツミ幼鳥







171115サシバ幼鳥0
                                                  2017年11月15日 サシバ幼鳥
11月も半ばになると、タカが姿を見せない日もしばしばありますが、
11月15日は二日続いた雨天が明け、久しぶりにサシバがまとまって姿を見せ、
この時期には珍しく、8時〜10時までに21羽が南下して行きました。




171115サシバ幼鳥1
                                                  2017年11月15日 サシバ幼鳥







171115ツミ幼鳥1
                                                   2017年11月15日 ツミ幼鳥
ただサシバが姿を見せると写真の地付きツミ幼鳥が攻撃を仕掛けてくるので、
サシバもかなり迷惑そうでした。





171115ツミ幼鳥2
                                                   2017年11月15日 ツミ幼鳥







171115ツミ幼鳥×サシバ幼鳥1
                                             2017年11月15日 ツミ幼鳥とサシバ幼鳥







171115ツミ幼鳥×サシバ幼鳥2
                                             2017年11月15日 ツミ幼鳥とサシバ幼鳥
この日は地付きツミとは別に、渡りのツミが9羽南下しました。






171116カゴメラン1
                                                  2017年11月16日 カゴメラン
カゴメランも継続して観察しています。






171116カゴメラン2
                             2017年11月16日 カゴメラン
本日11月16日は、花もほぼ満開状態でした。






171116ツミメス
                                                   2017年11月16日 ツミメス
今朝はポツポツと小雨が降っていましたが、ツミが2羽南下し、






171116ハイタカ幼鳥1
                                                 2017年11月16日 ハイタカ幼鳥
ハイタカも姿を見せ、






171116ハイタカ幼鳥2
                                                 2017年11月16日 ハイタカ幼鳥






171116ハイタカ1
                                                   2017年11月16日 ハイタカ
こちらも2羽で南下して行きました。
本日はこの他ハヤブサが1羽飛去しました。





171116サシバオス
                             2017年11月16日 サシバオス
名護岳周辺ではサシバも数個体が鳴いていましたが、
越冬するのか、まだ南下するのか定かではありません。


2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録




スポンサーサイト
  1. 2017/11/16(木) 18:34:52|
  2. ハイタカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュゴンレスキュー実地研修会

171110ジュゴンレスキュー研修
                                     2017年11月10日 ジュゴンの模型を使ったレスキュー訓練
環境省主催のジュゴンレスキュー実地研修会に参加してきました。
実際にジュゴンのレプリカを 漁網に入れて行う訓練は、2005年以来12年ぶりです。

はじめにジュゴンが健康体であると想定し、定置網の縁を砂袋で沈め、ジュゴンを誘導しながらリリースする訓練を行った後、
写真はジュゴンが怪我をし収容が必要な場合の訓練の様子。個体を担架に乗せて船に引き上げているところです。


171110ジュゴンレスキュー研修1
                                     2017年11月10日 ジュゴンの模型を使ったレスキュー訓練
ジュゴンを船に乗せ搬送中の様子。
ジュゴンの体が乾燥しないよう、毛布を被せ、海水を掛けています。





171110ジュゴンレスキュー研修2
                                     2017年11月10日 ジュゴンの模型を使ったレスキュー訓練
漁港到着後、船から引き上げる作業。
今回はフォークリフトを使用して実施。ユニックが使用できない場合などに有効です。





171110ジュゴンレスキュー研修3
                                     2017年11月10日 ジュゴンの模型を使ったレスキュー訓練
今回使用したジュゴンレプリカ。
2003年に制作したもので、お腹に海水を入れられる蓋を作り、
訓練時には海水を入れ、実際のジュゴンの体重(230kg程度)に近づけて使用しています。

かなり重たいので、船の縁などにぶつけ、傷だらけ・・・。


171110ジュゴンレスキュー研修4
                                     2017年11月10日 ジュゴンの模型を使ったレスキュー訓練
そもそも、ジュゴンレスキュー訓練が行われるようになったのは、
2000年11月13日に、宜野座村の大型定置網にジュゴンが混獲され、
死亡した事故がきっかけとなりました。

当日朝、海洋博記念水族館(現美ら海水族館)から連絡をいただき、
ジュゴンが混獲されたのでリリースに行こうと誘われ、現地についたのですが、
残念ながらジュゴンはすでに死亡し、助けられなかったのです。

ジュゴン保護に携わりながら、ジュゴンを助けることができなかった自分の無力さを知らされましたが、
このままでは同じような事故が再発する恐れがあると思い、
今できることは何かと考え、定置網の漁師さんや宜野座漁協、宜野座村、そして水族館に協力を依頼し、
翌年の1月にジュゴン保護検討会を立ち上げ、同様の事故の再発防止を目的に
ジュゴン放流マニュアルを作成しました。

その後、環境省が主導し、沖縄県や各漁協などが参加する形でジュゴンレスキュー検討会が立ち上げられ、
レスキューマニュアルが作成され、今回のレプリカを使用した実地訓練が行われるようになりました。


171110ジュゴンレスキュー研修6
                                             2017年11月10日 レスキュー訓練反省会
訓練終了後反省会を行い、定置網の漁師さんたちから率直な意見を聞くことができました。
みなさん大変協力的で助かりました。

ジュゴン保護のような漁師さんにとって厄介以外の何者でもないようなこの手の事案を進める場合、
実際に顔をつき合わせて交流することが、いかに重要かを改めて気づかせてくれました。

みなさん、今後ともよろしくお願いいたします。





  1. 2017/11/10(金) 19:01:03|
  2. ジュゴン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その12

171105アカハラダカ幼鳥3
                                                2017年11月5日 アカハラダカ幼鳥
11月5日、アカハラダカを最後に確認したのが16日前の10月20日、
今年は珍しくきっちり渡りきったものだと思っていたら、
やっぱり残っていました。





171105アカハラダカ幼鳥2
                                                2017年11月5日 アカハラダカ幼鳥








171105アカハラダカ幼鳥1
                                                2017年11月5日 アカハラダカ幼鳥
澄み切った秋空に、一羽ポツンと舞い上がった幼鳥が目指したその先にいたのは、






171105アカハラダカ幼鳥_サシバ幼鳥1
                                          2017年11月5日 アカハラダカ幼鳥とサシバ幼鳥
こちらも一羽で飛ぶサシバ幼鳥でした。






171105アカハラダカ幼鳥_サシバ幼鳥2
                                          2017年11月5日 アカハラダカ幼鳥とサシバ幼鳥
仲間の多くが既に南へ渡ってしまい、この先まだまだ長い道のりを
たった一羽で旅するのが心細かったのか、





171105アカハラダカ幼鳥_サシバ幼鳥3
                                          2017年11月5日 アカハラダカ幼鳥とサシバ幼鳥
旅のお供に強引に誘っているようにも見えました。





171105サシバ幼鳥
                                                   2017年11月5日 サシバ幼鳥
サシバ幼鳥もアカハラダカ幼鳥の荒っぽい誘いに戸惑いながらも、
結局二羽は南へ渡って行きました。





171105ツミオス
                                                    2017年11月5日 ツミオス
こちらのツミは先を急いでいたようで、足早に山頂を通過しました。






171106サシバオス
                                                   2017年11月6日 サシバオス
名護岳周辺にも複数のサシバが入っていますが、11月に入ったと言ってもまだまだ暖かい沖縄、
早朝の底冷えも無く、南へ駆り立てる要素が少ないためか、渡る気配がまるでありませんでした。





171106サシバオス1
                                                   2017年11月6日 サシバオス







171107月
                                                       2017年11月7日 暁
11月7日、早朝。






171107朝焼け1
                                                     2017年11月7日 朝焼け
本日も美しい朝焼けで始まりました。






171107日の出1
                                2017年11月7日 日の出
11月に入り太陽もだいぶ南寄りに昇るようになり、
日の出の位置が山に掛かかることもなくなり、
加えて珍しく水平線に雲が無かったこともあり、
本日は水平線から昇る太陽を拝むことができました。




171107日の出2
                                                     2017年11月7日 日の出








171107アカハラダカメス
                                                2017年11月7日 アカハラダカメス
そして本日も一昨日に続きアカハラダカが現れ、






171107ツミオス
                                                    2017年11月7日 ツミオス
写真のツミオスと、幼鳥と一緒に3羽で渡って行きました。






171107ツミ
                            2017年11月7日 ツミ幼鳥とオス







171107リュウキュウツバメ
                                               2017年11月7日 リュウキュウツバメ
今年も多くのツバメが渡りをしており、私もカウントしていますが、
渡りのツバメに、写真のリュウキュウツバメが混ざるので大変やっかいです。

リュウキュウツバメは奄美大島以南では留鳥ですが、一部が小規模な渡りをすると考えられているので、
私のカウントも参考程度の数字と考えています。


171107カゴメラン3
                              2017年11月7日 カゴメラン
山を降り、カゴメランを確認すると、蕾はだいぶ膨らみ、
一部が開花していました。





171107カゴメラン1
                              2017年11月7日 カゴメラン
カゴメランは小さなランですが、葉がとても美しいこともあり、
ここ名護岳でも盗掘が行われているようです。

野生生物は本来の生息地にあってこそ、その存在に意味があると考えているので、
盗掘は本当に許せない行為だと思います。



2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録








  1. 2017/11/07(火) 19:25:50|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その11

171030ヒメサザンカ
                                                 2017年10月30日 ヒメサザンカ
10月27日に沖縄島の真上を通過した台風22号は、975hPaに発達し、
大雨と強い吹き返しの風をもたらしました。

沖縄島が台風の直撃を受けたのは、2014年10月に通過した台風19号以来3年ぶり。
台風通過後に名護岳を訪れると、沢山の枝は勿論、大小数本の木が倒れていたのですが、
山頂で何十年もの間台風の強風に耐えてきたヒメサザンカが、ついに倒れていました。

毎年白い小さな花を沢山つけ、山頂に訪れる人の目を楽しませ、私も毎回のように話しかけていた特別な木です。
状況をFBにアップしたところ、早速翌日に名護青年の家で働いていた坂下さんも駆けつけていただき、
名護青年の家の職員と共に、倒れたヒメサザンカの上部の枝を落とし、なんとか植え戻すことができました。

管理者の名護青年の家の基本的な方針は「人の手を加えない」とのことでしたので、
従来であれば登山道を塞ぐ倒木は切ってどかすだけだそうですが、
今回は前職の坂下さんが掛け合っていただいたおかげで、植え戻すことができました。
今後元気になって花を咲かせてくれれば嬉しいですが、山頂の主のような存在の木なので、
生きていてくれるだけで十分です。

翌日から水を運び、現在は経過を観察しています。

171102ハイタカ幼鳥1
                                                  2017年11月2日 ハイタカ幼鳥
さて肝心のタカの渡りの方は、サシバの渡りがほぼ終了し、
現在は写真のハイタカやミサゴなどがぽつぽつと少数が渡っている程度です。





171102ハイタカ幼鳥2
                                                  2017年11月2日 ハイタカ幼鳥







171102ハイタカ幼鳥
                                                  2017年11月2日 ハイタカ幼鳥







171102ハイタカ幼鳥_サシバ幼鳥1
                       2017年11月2日 ハイタカ幼鳥サシバ幼鳥
10月2日は、写真のハイタカ幼鳥が、
サシバ幼鳥に絡みながら渡りをしていました。





171102ハイタカ幼鳥_サシバ幼鳥2
                       2017年11月2日 ハイタカ幼鳥サシバ幼鳥







171102ハイタカ幼鳥_サシバ幼鳥3
                                            2017年11月2日 ハイタカ幼鳥とサシバ幼鳥







171102サシバ幼鳥1
                                                   2017年11月2日 サシバ幼鳥
このサシバ幼鳥は全体的に白っぽく、
特にサシバの特徴でもある灰色の頬の部分がが白っぽい
珍しい個体でした。




171102サシバ幼鳥2
                                                   2017年11月2日 サシバ幼鳥
こちらは渡る気0%の幼鳥。
すでに越冬を決め込んでいるのでしょうか?





171102サシバ幼鳥3
                                                   2017年11月2日 サシバ幼鳥







171102ハリオアマツバメ
                                                2017年11月2日 ハリオアマツバメ
ハリオアマツバメも姿を見せました。
オスメスの見分け方を知りませんが、この個体は翼が短めでした。





171103朝焼け4
                                                     2017年11月3日 朝焼け
11月3日は、朝焼けが大変美しい夜明けでした。






171103朝焼け3
                                                     2017年11月3日 朝焼け







171103朝焼け1
                                                     2017年11月3日 朝焼け
東の空は黄金色に輝いていました。






171103朝焼け2
                                                     2017年11月3日 朝焼け
この時期沢山のタカを見ることはできませんが、
綺麗な朝焼けを拝むだけでも、山頂に登る価値はありそうです。





171103ハイタカ幼鳥
                                                  2017年11月3日 ハイタカ幼鳥
運がよければハイタカにも逢えるし!



2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録





  1. 2017/11/03(金) 17:39:51|
  2. ハイタカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その10

171024サシバ
                                                    2017年10月24日 サシバ
台風21号が去りタカの調査を再開しましたが、
一週間も経たないうちに台風22号が襲来し、
調査は再びお休みです。




171024サシバ1
                                                    2017年10月24日 サシバ
その短い台風の合間を縫うように、タカたちが渡りをしています。
10月24日は、台風でやんばるに足止めされていたタカが渡りました。





171024サシバ幼鳥2
                                                  2017年10月24日 サシバ幼鳥
サシバ     355羽
ツミ       6羽
ハイタカ     1羽
ミサゴ      1羽
ヒメアマツバメ  1羽
ツバメ     139羽

171024サシバ幼鳥3
                                                  2017年10月24日 サシバ幼鳥







171024サシバ幼鳥4
                                                  2017年10月24日 サシバ幼鳥







171024ツミオス0
                                                   2017年10月24日 ツミオス
ツミは単独またはサシバの群れに混ざって渡っていました。






171024ツミオス1
                                                   2017年10月24日 ツミオス







171024ツミオス2
                                                   2017年10月24日 ツミオス







171024ハイタカ幼鳥0
                                                 2017年10月24日 ハイタカ幼鳥
ハイタカが姿を見せ、タカの渡りもいよいよ第三幕に入ったことを告げられました。






171024ハイタカ幼鳥1
                                                 2017年10月24日 ハイタカ幼鳥







171024ハイタカ幼鳥2
                                                 2017年10月24日 ハイタカ幼鳥







171024ヒメアマツバメ
                                                2017年10月24日 ヒメアマツバメ
写真の被写体として毎回楽しませてくれるアマツバメ類ですが、
今年は今のところ飛来数が少なく、やや物足りない感じです。





171026カワウ
                                                    2017年10月26日 カワウ
全国的に分布を広げているカワウは、ここ沖縄島でも渡りの常連になっていますが、
見かける件数も年々増加している印象です。





171026カゴメラン
                                                  2017年10月26日 カゴメラン
タカの飛来も少なくなったので、早々に観察を切り上げ登山道をゆっくり見て回ると、
暗い林床に小さなカゴメランが蕾をつけていました。

開花は11月初旬でしょうか?
花も見たいと思いますが、あまりにも地味なので
毎回見逃してしまいます。


2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録



  1. 2017/10/28(土) 11:37:00|
  2. ハイタカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (37)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (25)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (4)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
ハイタカ (9)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)
ハチクマ (2)
ジュゴン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR