名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2017年 ジュゴン食性調査

170626講習会2

今年も北限のジュゴン調査チーム・ザン主催のジュゴン食性調査を行ないました。

調査を始める前に、まず初心者のための講習会を実施。





170626講習会5

ジュゴンの食べ物である海草の同定方法を学習しました。

海草は全部で7種類。しっかり頭に入ったかな?





170626講習会9

陸上で同定が出来るようになったところで、実際に海の中でトレーニング・・・っと思ったのですが、







170716赤土2

海底には赤土が!







170626講習会8

先月6月の降雨量は平年の2倍を越え、海草藻場は赤土の流入で酷い状態になっていました。







170626講習会12

当日は大潮だったため、その後時間と共に潮が引き、歩いてジュゴンの食み跡を観察することができました。







170704調査1

さて調査の本番。
まずはベテランさんからアドバイスを受けながら、データを記録しました。






170704調査3









170704調査4

今年は海水温が低く、調査を始めた7月初旬は水温が24℃を下回る日も有りました。







170704マガキガイ

海草を見ながら海底を調べていると、ティラジャー(マガキガイ)がとても多いことに気が付きました。







170705調査1

こちらは毎年糸満から助っ人として来てくれる60代後半の海人さんですが、
測線を引かせたらピカイチで、毎年非常に助かっております。(深謝)






170711珪藻

今年は6月に雨が多かったと書きましたが、赤土の流入以外にも写真のような影響がありました。
これは海草に付着した珪藻です。大雨で海域に大量の真水が流入し、また梅雨明け後も真水は湧水となってしみ出し、
結果このように陸に近い場所では、藻場が珪藻で覆い尽くされ、被度判定の大きな障害となりました。





170714オオウミヒルモ

これはジュゴンが好むと言われているウミヒルモのなかま、オオウミヒルモ。
葉の長さがなんと35mmもありました。
そしてその近くには、






170716食み跡1

10mをゆうに超える立派な食み跡が!







170716食み跡3









170716食み跡2









170716食み跡7

今年は同じ調査方法を採用した過去5年間で、食み跡面積が2番目に多い結果となりました。







170716食み跡6

赤土の堆積の問題もありますが、とりあえずジュゴンの無事が確認され、ほっとしました。






スポンサーサイト
  1. 2017/07/24(月) 22:29:53|
  2. ジュゴンの食み跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年 リュウキュウアカショウビン その2

170630アカショウビン
                                           2017年6月30日 リュウキュウアカショウビン
この営巣木の前で求愛行動をとるカップルを確認したのが5月9日。

抱卵していると思われるメスの鳴き声に促され、
巣穴に頭を突っ込んだまま1分以上作業をするオスを確認したのが6月30日。
いまだ卵がふ化した様子は無し。

このままお尻しか見れないで終わるのかな?


170610アカショウビン
                                           2017年6月10日 リュウキュウアカショウビン
一方こちらは別の場所のリュウキュウアカショウビン。

こちらは巣穴を掘っていたのが5月7日。






170611アカショウビン巣
                  2017年6月11日 リュウキュウアカショウビンの営巣木
その営巣木がこちら。
何年も使って来たお気に入りの営巣木なのでしょう。
新旧合わせて15個の穴が空いていましたが、





170628アカショウビン巣
                  2017年6月28日 リュウキュウアカショウビンの営巣木
6月28日に訪れると、上半分が折れていました。

今年6月の名護の降水量は平年の2倍以上もあり、
降り続いた雨も加わり、ついに折れてしまったようです。

ちなみにこちらのカップルはいまだ巣ごもりもせず、森の中を飛び回っていました・・・。








  1. 2017/07/10(月) 12:53:09|
  2. リュウキュウアカショウビン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イボイモリ

170506イボイモリ1
                                                    2017年5月6日 イボイモリ
雨が多くなるこの季節は、イボイモリの繁殖・産卵の季節です。
夜行性のイボイモリもこの季節は行動が活発になり、翌朝まで居残る個体も見かけます。







170506イボイモリ2
                                                    2017年5月6日 イボイモリ
この個体も産卵の準備で山から出て来たのでしょう、
お腹に卵を抱えているようでぷくぷくに膨らんでいました。







170427イボイモリ卵1
                                                 2017年4月27日 イボイモリ 卵
湿った落ち葉をひっくり返すと、産み落とされた卵がありました。

イボイモリは両生類であるサンショウウオの仲間では珍しく、
水中にではなく水辺に近い陸上で産卵し、ふ化した幼生は自力で水辺に移動します。

そのため産卵とふ化は降雨と関係があるそうです。


170423イボイモリ卵
                            2017年4月23日 イボイモリ 卵
その降雨ですが、今年の梅雨の前半は雨が少なく、
産み落とされた卵が乾燥するのではと心配でしたが、
ここに来てどうにか雨も間に合ったようです。






170427イボイモリ卵2
                                                 2017年4月27日 イボイモリ 卵
こちらは産み落とされてまだ日が浅い卵のようです。
(卵を観察した後、落ち葉を元に戻しました。)






170609イボイモリ幼生1
                           2017年6月9日 イボイモリ 幼生
卵を確認してから一月半が過ぎ、産卵場所の脇の水たまりを訪れると、
20〜35mmほどに成長した幼生が多数確認できました。






170611イボイモリ幼生1
                           2017年6月11日 イボイモリ 幼生
成長の度合いはまちまちですが、みな元気そうでした。







170611イボイモリ幼生2
                           2017年6月11日 イボイモリ 幼生
イボイモリはこの幼生期だけ水中生活を送り、
変態した後は再び陸上で暮らします。







170609イボイモリ幼生2
                                                 2017年6月9日 イボイモリ 幼生
ふ化が早かった個体でしょうか、この水たまりで一番に変態しそうな個体がいました。
幼体のイボイモリを確認したことが無いので、今年は是非探してみたいと思います。







  1. 2017/06/13(火) 16:49:05|
  2. イボイモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年 ノグチゲラの子育て その2

170526ノグチゲラオス1
                           2017年5月26日 ノグチゲラ オス
ヒナが巣立つ前にもう一度観察したいと思い、ノグチゲラの営巣木を再び訪れました。

前回ヒナは仕切りに鳴いていましたが、今回は鳴き方にメリハリがありました。
親鳥もなかなか姿を見せず、一時間ほど経ってからようやくオスが現れ、
クチバシの周りに土を付けた状態でセミの幼虫を運んで来ました。



170526ノグチゲラメス1
                                                2017年5月26日 ノグチゲラ メス
しばらくするとメスも現れ、幼虫らしきものをくわえて来ました。







170526ノグチゲラメス3
                                                2017年5月26日 ノグチゲラ メス
親鳥の給餌の頻度が減ったところを見ると、ヒナの巣立ちもそろそろでしょうか。







170526ノグチゲラメス2
                                                2017年5月26日 ノグチゲラ メス








170526リュウキュウサンコウチョウオス
                                        2017年5月26日 リュウキュウサンコウチョウ オス
森の中で息を殺していると、こちらの存在に気付かないのか、
鳥達が近くまでやって来ました。






170526ホントウアカヒゲメス
                                             2017年5月26日 ホントウアカヒゲ メス
好奇心の強いホントウアカヒゲのメスは、むしろ私を見つけて近づいて来ました。
その距離2.9m。レンズの撮影範囲を3m~にセットしておいたので、ピントが外れてしまいました。






170526ノグチゲラヒナ1
                           2017年5月26日 ノグチゲラ ヒナ
ヒナも巣穴から身を乗り出すようになり、







170526ノグチゲラヒナ2
                           2017年5月26日 ノグチゲラ ヒナ
鳴き方も餌をねだるとき以外は、親鳥と同じように
「ピッ、ピッ」と力強く鳴くようになりました。






170526ノグチゲラヒナ3
                           2017年5月26日 ノグチゲラ ヒナ
おそらく2〜3日以内にヒナは巣立つでしょう。
何羽いるのか分かりませんが、無事に巣立つことを祈り、観察を終了しました。







  1. 2017/06/03(土) 09:25:41|
  2. ノグチゲラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年 ノグチゲラの子育て その1

170523ノグチゲラオス1
                           2017年5月23日 ノグチゲラ オス
先日やんばるに訪れた際、営巣中のノグチゲラを観察する機会に恵まれました。







170523ノグチゲラメス3
                                                2017年5月23日 ノグチゲラ メス
巣からはヒナの声が聞こえ、その声にせかされるように親鳥はせっせと餌を運んでいました。







170523ノグチゲラメス1
                           2017年5月23日 ノグチゲラ メス
メスは主にカミキリムシの幼虫や、バッタ目の成虫を運んでいました。







170523ノグチゲラメス2
                           2017年5月23日 ノグチゲラ メス
餌を与え終わると、メスはチョロリと長い舌。







170523ノグチゲラヒナ1
                           2017年5月23日 ノグチゲラ ヒナ
たまにヒナも顔を出し、一週間以内には巣立つのでしょうか。

また逢えることを祈りつつ、早々帰路につきました。












  1. 2017/05/30(火) 10:00:35|
  2. ノグチゲラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (24)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR