名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

クロビタイハリオアマツバメ

160406クロビタイハリオアマツバメ1
                                           2016年4月6日 クロビタイハリオアマツバメa
4月6日、本日もクロビタイハリオアマツバメ(Hirundapus cochinchinensis)を確認しました。
本日は2個体。これで今季は4月2日に続き、2例目3個体の確認になりました。

ちなみに、名護岳でのこれまでの記録は以下の通りです。
2014年 10月14日 1個体
     10月23日 2個体
2015年  11月9日 1個体
2016年  4月2日 1個体
       4月6日 2個体

160406クロビタイハリオアマツバメ2
                                           2016年4月6日 クロビタイハリオアマツバメa

本日の2個体は雌雄なのか、体のサイズが若干違い、写真の個体aは体が大きく、翼が長めで頭も小さめでした。







160406クロビタイハリオアマツバメ3
                                           2016年4月6日 クロビタイハリオアマツバメa
配色は背中中央が白っぽく、その周辺から頭部、首下までが青味をおびた黒
翼背面が黒く、翼腹面、腹、喉がチャコールグレー
腹側の腰から尾に掛けては白






160406クロビタイハリオアマツバメ4
                                           2016年4月6日 クロビタイハリオアマツバメa
ちなみに、クロビタイハリオアマツバメの英名は、Silver-backed Needletailです。








160406クロビタイハリオアマツバメ5
                                           2016年4月6日 クロビタイハリオアマツバメb
こちらは、サイズが小さめで翼も短めの個体です。

2015年11月9日に確認した個体に近い印象です。→ こちら






160406クロビタイハリオアマツバメ6
                                           2016年4月6日 クロビタイハリオアマツバメb









160406クロビタイハリオアマツバメ7
                                           2016年4月6日 クロビタイハリオアマツバメb
今回の2羽は凄いスピードで飛んでいたので、フレームに納めピントを合わせるのに苦労しましたが、
1時間ほど飛んでくれたので、なんとか背面の分かりやすい写真も撮れました。






スポンサーサイト
  1. 2016/04/06(水) 18:58:16|
  2. クロビタイハリオアマツバメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年秋季タカの渡り調査 その9

151109クロビタイハリオアマツバメ1
                                           2015年11月9日 クロビタイハリオアマツバメ

本日クロビタイハリオアマツバメ(Hirundapus cochinchinensis formosanus)1羽がハリオアマツバメ1羽と共に、名護岳に飛来しました。
正確な数は分かりませんが、今回の記録は国内のものとしては10例目以下の数少ない貴重なものと思われます。







151109クロビタイハリオアマツバメ2
                                           2015年11月9日 クロビタイハリオアマツバメ

ちなみに、「Ⅱ.日本鳥類目録改訂第 7 版で「検討中」とした種および亜種について」によると
クロビタイハリオアマツバメは、「ネパール,インド東北部,中国東北部等に分布する種のうち台湾に分布する亜種」とあります。







151109クロビタイハリオアマツバメ3
                                           2015年11月9日 クロビタイハリオアマツバメ

ここ名護岳では、昨年10月14日に1羽、10月23日に2羽を確認しています。

ブログ
2014年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録

昨年撮影した個体と比較すると、本日撮影した個体の方が明らかにのど元が黒く、同じ亜種なのかどうか確信は持てません。




151109ハリオアマツバメ1
                                                2015年11月9日 ハリオアマツバメ

本日は一緒に飛来しいたハリオアマツバメと共にしばらく上空を旋回していたので、サイズを比較することができたのですが、
クロビタイハリオアマツバメはハリオアマツバメよりも明らかに一周り小さいサイズでした。







151109ハリオアマツバメ2
                                                2015年11月9日 ハリオアマツバメ











151109クロビタイハリオアマツバメ4
                                           2015年11月9日 クロビタイハリオアマツバメ

2年連続でクロビタイハリオアマツバメを確認できたことで、本種が日本鳥類目録に記載される日も近いのではないかと予感させる一日でした。






  1. 2015/11/09(月) 22:07:58|
  2. クロビタイハリオアマツバメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その9

141023クロビタイハリオアマツバメ1

10月23日、サシバの姿もめっきり減った山頂に、クロビタイハリオアマツバメと思われる2個体以上を含む4羽の群れが現れました。

日本国内では過去に2010年4月与那国島、2012年5月粟国島、2013年5月トカラ列島平島、2014年9月長崎県福江島で確認があり、

今回沖縄島名護岳の確認は5例目にあたるようです。



141023クロビタイハリオアマツバメ2

ハリオアマツバメと明らかな違いは、のどの辺りがハリオが白っぽいのに対してクロビタイはくすんだグレーであること。

体や尾のサイズに違いがあるようですが、ハリオ自体に個体差があるので、シルエット的には殆ど見分けがつかないように思います。





141023クロビタイハリオアマツバメ3

分布は、繁殖地がネパール、海南島、台湾周辺。

越冬地がタイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、マレーシア、インドネシア西部周辺。

そして周年生息するのがインド東北部。



141023クロビタイハリオアマツバメ4

台風19号の影響で迷い込んだのでしょうか。

それにしても、自然観察はこのような予想外の出来事があるので、やめられませんね。




  1. 2014/10/26(日) 16:33:15|
  2. クロビタイハリオアマツバメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (25)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR