名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2015年 西表島 その4 −キャンプの様子・後編−

150713キャンプ13

網取湾の奥に位置するウダラ浜は横に長く、ハンモックテントを吊るすのにちょうどいい樹が沢山あるので、
皆はおもいおもいの場所で寝床を作りました。

ハンモックテントは地面に設営するテントと比べ風通しがよく、
今回も明け方は寒いくらいで、長袖を着てさらにシーツにくるまるほど。



150713キャンプ2

3日目の朝はサバニでウダラ川を散策し、その後網取へ。







150713キャンプ27

網取はサバ崎の対岸に位置していますが、地形やサンゴの種類が違うようです。
このポイントは隣りの崎山湾と同様にウミガメが多く、毎回複数のアオウミガメに逢うことができます。






150713キャンプ12

4日目は2つのグループに分かれ、私は島の南側にある鹿川へトレッキング。
過去2回はウダラ浜からマングローブ林を通りウダラ川を上りましたが、
今回はサバニで行けるところまで川を上り、マングローブ林の泥のルートをスルーしたので
大分楽をしました。




150713キャンプ21

ウダラ川の中流域は歩きやすく、景観よく、トレッキングには最高のルート。







150713キャンプ20

植物相はやんばると重なるものもありますが、やはりどこか違います。
道中大きな葉っぱのハブカズラが目立ちました。






150713キャンプ14

途中火照った体をクールダウンするのにちょうどいい滝壺もあります。







150713キャンプ15

滝壺から上を見上げると、マーニ(コミノクロツグ)の葉からこぼれる日差しが心地いい。







150713キャンプ29

鹿川湾は外海に面し、リーフも発達していないので、少し荒々しい印象です。

浜は直前に接近した台風の影響で漂流物が陸側に押し流された分、浜自体は綺麗でしたが
期待していたタートルトラックも波に消されたのか、確認出来なかったのは残念でした。




150713キャンプ18

帰り道、待望の?サキシマハブを発見。
行きにも通った場所なのですが、草影に隠れじっとしていたせいか全く気付きませんでした。
昼間のサキシマハブはとても臆病で、私たちがいなくなるまで石にでもなったつもりでじっと動きませんでした。





150713キャンプ19









150713キャンプ3

ウダラ浜に帰ると、なんと豪華な夕食がお待ちかね。

ゴシキエビの刺身、
バラフエダイ刺身、
やんばる島豚のソテー?、
ゴシキエビ汁、
パパイアの何ちゃら、
ちょっと酸っぱくなったマンゴー、
昼飯の残りのおにぎり、
などなど

ウダラ浜最後の晩にふさわしいメニュー。 しあわせ〜。

しんご、満名さん、森さん、あんちゃん、ありがとー。


150713キャンプ22

5日目朝、今日は大好きなウダラ浜を去る日。







150713キャンプ23

また来年もウダラ浜で再会出来ることを願いつつ、水田さんやトオルさんとの別れを惜しみました。

今回台風の影響で西表島での滞在が2日減りましたが、とても充実したキャンプが楽しめました。

西表島・・・ありがとうございました。



150713キャンプ24







スポンサーサイト
  1. 2015/07/24(金) 10:00:54|
  2. 西表島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年 西表島 その3 −キャンプの様子・前編−

150713キャンプ4

キャンプ初日は白浜から出発し、外離島と内離島の間にある砂州の隙間をサバニが通れるか確認に向かいました。






150713キャンプ5.

砂州に上陸し波打ち際を歩くと、砂に隠れていたイソハマグリがぽろぽろと。






150713キャンプ6

これはと思い足で砂を蹴り上げながら歩くと面白いように貝が出てきて、あっという間に今晩の味噌汁の具が採れました。
ウミヒルモが一株混じっていますが、これは味噌汁の具ではありません。

結局サバニが砂州の隙間を通れそうだったので、さらに南西へと向かうことにしました。



150713キャンプ7

それでも初日は台風9号の余波で西風が強く、近場でキャンプすることを余儀なくされ、
イダノ浜の西にあるヤドカリの浜で一夜を過ごすことにしました。

今晩の夕食はやんばるから持参した満名カレーとイソハマグリの味噌汁。
勿論、絶品でした! 満名さんありがとう!


150713キャンプ8

ヤドカリの浜は小さな浜で、ハンモックテントを張ることが出来る樹が一本しかなく、
大きなテリハボクに7つのハンモックテントを吊り下げ、密集状態で寝ました。





150713キャンプ10

2日目は西に向かってサバニを漕ぎ、大好きなサバ崎で素潜りを楽しみました。

サバ崎は魚影が濃く、




150713キャンプ9

大物も現れ






150713キャンプ11

何よりもサンゴで埋め尽くされたダイナミックな地形が魅力的。
潜れば潜るほど私たちを夢中にさせる、大好きなポイントです。





150713キャンプ1

夕方ウダラ浜に着き、早速夕飯の支度を。

毎回、こんな感じで食事を作りますが・・・美味しくない訳がありませんね。







  1. 2015/07/21(火) 22:10:26|
  2. 西表島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (7)
リュウキュウアカショウビン (23)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR