名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

鳥見

160131ハマシギ
                                                    2016年1月31日 イソシギ
1月31日 渡久地豊さんが案内する鳥の観察会に参加させて頂きました。

大保ダムでカモたちを見た後、屋我地島に移動しシロチドリ、メダイチドリ、イソシギ、ハマシギを観察しました。
ハマシギの群れの中にはカムチャッカでバンディングされた個体も確認でき、彼らの移動能力に改めて感心させられると共に、
地球を旅する彼らによって、遠く離れた地域と地域とが繋がっていることの不思議さを感じました。




160131クロツラヘラサギ1
                                          2016年1月31日 クロツラヘラサギ3 クロサギ1
場所を移動し、毎年越冬に訪れるクロツラヘラサギを観察しました。
現在ここで越冬するクロツラヘラサギは3羽。
そのうち1羽は繁殖に参加していない未成鳥で、昨年はこの場所で越夏したそうです。

渡久地さんは、この個体はいずれ繁殖のためここを離れることになるが、
雛を連れて再び戻って来るのを楽しみにしていると語っていました。



160131クロツラヘラサギ2
                                          2016年1月31日 クロツラヘラサギ3 ダイサギ1
この越冬地に飛来する個体数はごく小数ですが、世界の個体数が3259羽(2015年)と少ないクロツラヘラサギにとって、
2012年に台湾で発生したポツリヌス菌による73羽の中毒死の例を見るまでもなく、
リスク分散の観点から、この小さな越冬地の存在は決して小さくありませんね。





スポンサーサイト
  1. 2016/02/01(月) 18:24:46|
  2. クロツラヘラサギ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (22)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (1)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR