名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

ミゾゴイ

201504Gorsachiusgoisagi1

先日某所でミゾゴイを確認しました。
ミゾゴイは擬態することが知られている通り、この時も微動だにせず周りに紛れ込んだつもりのようでしたが、
流石に路上ではばればれでした。




201504Gorsachiusgoisagi2

ミゾゴイの繁殖が確認されているのは少数例を除き日本のみで、越冬地はフィリピンや中国南東部。また少数個体が台湾、南西諸島、九州で越冬するようです。
個体数が少なく、環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)IUCNレドリストではENに評価され絶滅が危惧されています。





201504Gorsachiusgoisagi3

開発などで棲息に適した環境が減少し、個体数が激減したようです。
ミゾゴイを研究されている川名国男さんによると、繁殖地の条件とは、「うっそうとした森林」と
「人の手が加わった明るく開けた草地」とが組み合わさっていることだそうです。
この個体は北上の途中と思われますが、過去には台湾でも繁殖例があるようです。
やんばるにも繁殖に適した環境はありそうですが、繁殖の可能性はないのでしょうか?


201504Gorsachiusgoisagi4

このように始めから樹の上でじっとされたら、見つけるのは困難ですね。






201504Gorsachiusgoisagi5

今回比較的じっくり観察出来たのですが、コーフンしてしまって動画を撮り忘れたのが悔やまれます・・・。





スポンサーサイト
  1. 2015/04/29(水) 11:20:19|
  2. ミゾゴイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミゾゴイ

140418ミゾゴイ4

山頂でのタカの渡り調査を終え、観察場所を林道沿いに変えると、早速大物ミゾゴイを確認することが出来ました。





140418ミゾゴイ3

ミゾゴイは冬フィリピンで越冬するものと、台湾や南西諸島で越冬する少数個体があるようですが、

多くの旅鳥が沖縄島を通過するこの時期、この個体が沖縄島で越冬した個体なのか、それとも沖縄島以南から渡って来た個体なのかはわかりません。



140418ミゾゴイ5

この個体、林道脇で餌を探していましたが、しばらくすると特大のヤンバルオオフトミミズをゲット!





140418ミゾゴイ7

ご馳走にありつきご満悦のご様子で、思わずむくむく!





140418ミゾゴイ6






140418ミゾゴイ1

しばらくすると、森の奥へと姿を消しました。




  1. 2014/04/24(木) 11:37:51|
  2. ミゾゴイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (22)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (1)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR