名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2014年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その17 (おまけ その3)

141221サシバ1

天候がくずれ寒い日が続くと、一旦越冬を決めたタカたちも、ここでの越冬は無理と感じるのでしょう。
久しぶりに天候が回復すると、南下するタカが姿を見せます。

12月14日  サシバ 7羽

12月21日  サシバ 3羽、 ツミ2羽


141221サシバ×ツミ1

本日21日、小さなツミが、二周り大きなサシバにちょっかいを出しながら、2羽で仲良く?南下して行きました。
それにしても、秋季タカの渡り〜のタイトルに違和感を覚えますが、秋に始まった渡りの延長線上の行動なので、良しとしましょう。





141215大浦湾

衆議院選挙の結果が出た12月15日の朝。
いつにもまして、大浦湾は輝いていました。





スポンサーサイト
  1. 2014/12/21(日) 18:18:07|
  2. サシバ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その16 (おまけ その2)

141210ハヤブサ3

天気が良ければ、毎日のように山頂に登っています。
タカに会えたらいいなと思って登りますが、けして会えると思って登っている訳ではありません。

そんな12月10日、懲りずに山頂に登ってみると、来ました来ました。ハヤブサの幼鳥です。
幼鳥は獲物を探しているようで、森の上でホバリングしながら下を伺っていました。


141210ハヤブサ1

20分後、ケーケーケーっと鳴きながら、ハヤブサ成鳥も現れました。

前日は渡り日和だったので、北から渡って来たのでしょう。




141210ハヤブサ4

この成鳥、風切羽根が欠損していました。






141210ハヤブサ2

メスでしょうか? 羽が細長く体も大きく感じました。






141210ハヤブサ×ハイタカ1

しばらくして幼鳥が再び姿を見せると、突然ハイタカが現れ攻撃を仕掛けて来ました。
去年もハイタカ成鳥とハヤブサ幼鳥のバトルを見ましたが、今年も見ることができました。
ハヤブサ成鳥が近くにいたからでしょうか、今回のバトルはあっさり終わりました。




141210ハヤブサ×ハイタカ2

精悍なハイタカメス成鳥の突然の攻撃に、ハヤブサ幼鳥はおどおどしていました。

少し意識して見渡せば、このように野生生物の生態が身近で観察出来る。名護ってつくづくいいところだと思います。
こんなすばらしい環境に、最新鋭の米銀基地を造ることなど、とんでもないことだと思っています。



  1. 2014/12/11(木) 09:38:36|
  2. ハヤブサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その15 (おまけ)

141207ツミ2

12月7日。 今日は久しぶりに渡り日和だなーと、タカの気持ちになって山頂へ行ってみれば
なんと12月のこの時期に、サシバ7羽、ツミ2羽の飛去!




141207ツミ1

そう、去年もこんな感じでした。






  1. 2014/12/07(日) 18:30:56|
  2. ツミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名護岳 秋・冬

141014アトリ

タカの渡りで山頂へばかり通っていたので、山裾の観察がおろそかになってしまいました。

これは10月14日に撮影したアトリ。10月中群れで森の上を行ったり来たりする姿をよく見かけました。

この日は台風19号の通過直後で道には枝や葉っぱが散乱し、鳥たちの餌探しには快適な状況でしたが
その後人間の都合ですっかり清掃され、鳥の姿も減ってしまいました。


141027アマミヤマガラ2

10月27日、厚く垂れ込めた雲の影響でタカが渡らず、しかたなく山裾を観察すると、エゴノキの実に群がるアマミヤマガラがいました。






141027アマミヤマガラ4

私は植物に疎いので、この木の種類はTさんから教えて頂きました。

調べてみると、エゴノキの実肉には毒性があり、他の鳥は食べないそうですが、ヤマガラは中の種を好んで食べるようです。




141204シロハラ2

11月中旬から写真のシロハラなどのツグミの仲間が渡って来ました。

写真は12月4日に撮影した、アカギの実を食べるシロハラ。

アカギの実は鳥たちに人気があるようで、メジロやタイワンシロガシラなども食べに来ていました。


141204シロハラ3

ところで、沖縄県内には有名なアカギもあり、首里金城の大アカギは樹齢200-300年ともいわれ国の天然記念物に指定されているほか、
沖国大米軍ヘリ墜落事件によって焼け焦げたアカギの木が沖縄国際大学構内に存在するそうです。(ウィキペヂアより)





141206サシバ

これは12月6日に撮影したサシバ。

原っぱの脇の樹の上から餌探し中。今年は越冬サシバが少ないようです。




  1. 2014/12/06(土) 18:44:04|
  2. アトリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (25)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR