名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2015年秋季タカの渡り調査 その5

150919アカハラダカ幼鳥
                                               2015年9月19日 アカハラダカ亜成鳥
アカハラダカの渡りの入り口にあたる対馬や、周囲に離島が少ない宮古島などと比べると、
周辺に離島も多く沖縄本島の中ほどに位置するここ名護は、
タカの渡りを観察する場所としては決して良い条件が揃っているとは言えません。

取り立てて高い山がある訳でもない名護へ、旧友との約束を果たすかのように、毎年必ず姿を見せ私たちに感動を与えてくれるタカ達に、
私は感謝してしまいます。



150919アカハラダカ群れ
    2015年9月19日 キャンプシュワブをバックに、165羽の群れで移動するアカハラダカ

写真は新たな米軍基地が造られようとしているキャンプシュワブですが、
沖縄島を渡りのルートとしているタカ達のためにも、
新基地建設撤回は勿論、他の在沖米軍基地の返還も願わずにはいられません。

なにしろここ沖縄島は、高いところに登れば必ずと言っていいほど、眼の前に広い米軍基地が横たわっているのですから。



150923アカハラダカメス幼鳥1
                                               2015年9月23日 アカハラダカ亜成鳥
さて、その後の渡りですが、小雨が降った21、22日を除き渡りは続いています。

9月23日 439羽
9月24日 513羽





150923アカハラダカ群れ5
                           2015年9月23日 アカハラダカ群れ








150923アカハラダカ群れ1
                                                2015年9月23日 アカハラダカ群れ








150923アカハラダカ群れ2
                                                2015年9月23日 アカハラダカ群れ
写真は23日の180羽の群れ。
翌日の24日は、230羽と210羽の群れが現れました。






150923アカハラダカメス成鳥
                                              2015年9月23日 アカハラダカメス成鳥
雨が続いた間に、セミでもたらふく食べたのでしょうか? むくむくです。







150923アカハラダカメス成鳥2
                                              2015年9月23日 アカハラダカメス成鳥
先はまだまだ長いよ。台風も近付いているから、くれぐれも気を付けてね!

2015年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録





スポンサーサイト
  1. 2015/09/24(木) 17:59:24|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年秋季タカの渡り調査 その4

150914アカハラダカメス成鳥
                                              2015年9月14日 アカハラダカメス成鳥
アカハラダカの渡りはその後も途切れることなく続いています。

9月14日   アカハラダカ  160羽
9月15日   アカハラダカ  231羽





150914アカハラダカ2羽
                            2015年9月14日 アカハラダカ

しかしなが、500羽1000羽を超えるような群れは現れていません。
長崎県対馬内山峠では、9月14日までに54314羽が通過しているというのに。

いったい群れの本流はどの辺りを通っているのでしょうか。




150914アカハラダカ裏表
                                                  2015年9月14日 アカハラダカ
この写真は2羽のアカハラダカが表裏になっています。
アカハラダカはこのように仲間と戯れながらタカ柱を作ることがあります。







150915アカハラダカメス成鳥2
                                              2015年9月15日 アカハラダカメス成鳥









150915アカハラダカメス成鳥1
                                              2015年9月15日 アカハラダカメス成鳥
この後アカハラダカの大きな群れは現れることを信じ、調査を続けます。

2015年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録




  1. 2015/09/15(火) 14:51:40|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年秋季タカの渡り調査 その3

150912アカハラダカ群れ3
                                                2015年9月12日 アカハラダカ群れ
名護市内でのアカハラダカの飛去数は毎年概ね嘉津宇岳の方が多いのですが、
今年は今のところ名護岳の方が上回っています。






150912アカハラダカ群れ4
                           2015年9月12日 アカハラダカ群れ
9月12日  アカハラダカ  626羽
9月13日  アカハラダカ  100羽






150912アカハラダカ群れ2
                                                    150912アカハラダカ群れ2
12日には280羽の群れも現れ、久しぶりにアカハラダカらしい渡りを観察することができました。







150913アカハラダカオス成鳥
                                              2015年9月11日 アカハラダカオス成鳥








150913アカハラダカメス成鳥.
                                              2015年9月11日 アカハラダカメス成鳥








150913アカハラダカ群れ1
                           2015年9月13日 アカハラダカ群れ

タカの渡りを調査する私たちは、飛去数はともかく彼らが無事に越冬地へたどり付くことを祈っていますが、
彼らの渡りの中継地であるここ名護市では、現在普天間飛行場代替施設の建設が進められようとしています。

普天間飛行場は沖縄県民の土地を米軍が強制的に接収したものですが、
市街地の中心にあり危険なので代わりの土地を差し出せというもので、理不尽極まりない計画です。
盗人猛々しいとはこうゆうことを指すのです。

上の写真は正にその建設が進められようとしている大浦湾をバックに飛ぶアカハラダカの群れです。
この場所に基地が建設されれば、米軍機オスプレイが縦横無尽に飛び回り、彼らの安全な飛行ルートも危険な空域となるでしょう。






  1. 2015/09/13(日) 16:53:27|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年秋季タカの渡り調査 その2

150911アカハラダカオス成鳥1
                                              2015年9月11日 アカハラダカオス成鳥
沖縄地方はこのところ晴天に恵まれ、アカハラダカの飛去数も徐々にではありますが増えてきました。







150911アカハラダカ2
                                                  2015年9月11日 アカハラダカ
9月11日 名護岳

アカハラダカ    22羽
ハリオアマツバメ  2羽
ツバメ       4羽



150911アカハラダカ幼鳥1
                                                2015年9月11日 アカハラダカ幼鳥
このまま晴天が続けば良いのですが、さてさて。







150911アカハラダカ幼鳥2
                                                2015年9月11日 アカハラダカ幼鳥
ところで、前回ご案内しましたデータですが、非公開になっていました。 大変失礼致しました。
設定を公開に直しましたのでご確認下さい

2015年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録

2015年(Spring)春期 名護岳タカの渡り調査記録

2014年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録

150910アカハラダカメス1
                                              2015年9月10日 アカハラダカメス成鳥








150911アカハラダカ幼鳥3
                                               2015年9月11日 アカハラダカ亜成鳥





  1. 2015/09/11(金) 17:47:08|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年秋期タカの渡り調査 その1

今年も9月8日から秋季タカの渡り調査を開始しました。

毎年タカの渡り調査を始めるにあたり、日本におけるアカハラダカの移動ルートの玄関にあたる長崎県対馬や、
その後のルートにあたる九州地方の移動状況を、タカの渡り全国ネットワークのHPより確認していましたが、
九州地方ではこの秋悪天候が続き、調査自体行なえないようで、情報が殆ど無い状況でした。

そんな中、本日9月9日、名護岳でアカハラダカ幼鳥の飛去を確認しました。

150909アカハラダカ幼鳥
                                               2015年9月9日 アカハラダカ亜成鳥
ちなみに過去の初日は、以下の通りです。

2014年 9月12日(名護岳 1羽)
2013年 9月12日(名護岳 78羽)
2012年 9月13日(名護岳 3羽)
2011年 9月21日(名護岳 17羽 *9月前半は悪天候)
2010年 9月13日(嘉津宇岳 5羽)

本日待望のアカハラダカが姿を見せましたが、大陸で繁殖したアカハラダカのうち
南西諸島を南下の移動ルートとするグループの本体の多くはまだ朝鮮半島に留まっていると思われ、
100羽を超えるアカハラダカの群れが名護に現れるのはまだ先でしょう。

現在は、写真のアマツバメやツバメの仲間が名護岳を通過している状況です。

150908ヒメアマツバメ1
                                                 2015年9月8日 ヒメアマツバメ







150908アオサギ
                                                  2015年9月8日 アオサギ群れ
2015年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録は →こちら

過去の記録はブログ画面左のリンクにあります。





  1. 2015/09/09(水) 12:34:41|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (25)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR