名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 その4

160930アカハラダカオス1
                                                2016年9月30日 アカハラダカオス
このところ沖縄地方では立て続けに台風が接近していますが、
その台風の合間をぬうようにアカハラダカが渡っています。

この3日間の名護岳でのアカハラダカの飛去数は以下の通りです。
9月30日 853羽
10月1日 2000羽
10月2日 594羽

160930アカハラダカオス亜成鳥1
                        2016年9月30日 アカハラダカオス亜成鳥
今年は出だしが例年と比べ遅く、また渡りに適した天候の日が少ないのですが、
その数少ない渡り日和に集中するかたちで、アカハラダカは渡りを行なっています。






160930アカハラダカメス1
                                                2016年9月30日 アカハラダカメス
ハト大のアカハラダカは、カラス大のサシバに比べ非力なためか、その渡りは天候に大きく左右されます。

渡りのコンディションとしては、快晴で程良く北寄りの風が吹く日がベストで、
朝から快晴の日は、上昇気流が発生する前の6時台から、タカ柱を作らず羽ばきながら群れで飛去しています。




160930アカハラダカ幼鳥1
                                                2016年9月30日 アカハラダカ幼鳥








160930アカハラダカ幼鳥2
                                                2016年9月30日 アカハラダカ幼鳥








161001アカハラダカ群れ4
          2016年10月1日 屋我地島、古宇利島をバックに渡るアカハラダカの群れ

この写真は、屋我地島をバックにタカ柱を作るアカハラダカの群れで、103羽が写っています。






161001アカハラダカ群れ3
                 2016年10月1日 グライディング中のアカハラダカの群れ

群れのカウントのは、一般的に写真のように一方向に滑空するタイミングで行なわれますが、
私の場合写真のように数が多いと誤差が出るので、
写真を撮り後でPCで画像を拡大しながら、一羽づつ数えています。




161001アカハラダカ群れ2
                          2016年10月1日 アカハラダカの群れ








161001アカハラダカ群れ1
                          2016年10月1日 アカハラダカの群れ








161001アカハラダカ2
                                                  2016年10月1日 アカハラダカ








161001アカハラダカメス1
                                                2016年10月1日 アカハラダカメス








161001アカハラダカメス2
                                                2016年10月1日 アカハラダカメス








161001アカハラダカメス3
                                                2016年10月1日 アカハラダカメス








161001アカハラダカ幼鳥1
                                                2016年10月1日 アカハラダカ幼鳥








161001アカハラダカ幼鳥2
                                                2016年10月1日 アカハラダカ幼鳥








161002ミサゴ
                                                     2016年10月2日 ミサゴ
沖縄島には越夏するミサゴもいますが、今の時期は多くのミサゴが北から渡って来ます。
このミサゴはメスの成鳥でしょうか? ピヨピヨと大きな体には似合わないかわいい声で鳴きながら渡っていました。






161002ツミ×カラス
                                 2016年10月2日 リュウキュウハシブトガラスに襲いかかるツミ幼鳥
昨日の早朝、台風の風に乗って遊んでいたリュウキュウハシブトガラスに、
地付のツミ幼鳥が襲いかかっていました。
相変わらず気性の荒いおちびちゃんです。

さて、本日3日から台風18号が接近するため、タカの調査はしばらくお休みです。
予報によると935hPaの勢力のまま沖縄島の南をかすめ、久米島方面に向かうようです。

沖縄島に強い勢力の台風が接近するのは、2014年7月以来2年ぶりです。

強風によるタカへの被害も心配ですが、沖縄島周辺のジュゴンの餌場への影響もかなり心配です。
近年の台風の襲来頻度と強度の増加が、
ジュゴンの餌場となる海草藻場が縮小する大きな要因と考えられるからです。



これまでの記録は、以下をクリックすると確認できます。
2016年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録


スポンサーサイト
  1. 2016/10/03(月) 08:22:14|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 その5 | ホーム | 2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/110-28a1f0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (23)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR