名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 その6

161016サシバ幼鳥2
                                                  2016年10月16日 サシバ幼鳥
気が付くと渡りの主役はアカハラダカからサシバにすっかり変わってしまいました。







161016サシバ幼鳥1
                                                  2016年10月16日 サシバ幼鳥
サシバはアカハラダカと違い、まだ暗い早朝から渡り始めます。







161016サシバ幼鳥3
                                                  2016年10月16日 サシバ幼鳥
だから早朝のサシバはこんな感じになります。







161016サシバ幼鳥4
                                                  2016年10月16日 サシバ幼鳥
当然観察者の私もサシバに合わせて早起きになり、毎日が・・・ねむい。







161016サシバ幼鳥5
                                                  2016年10月16日 サシバ幼鳥
でも、お陰で早朝のサシバを拝むことができて、清々しい気持ちになります。







161018サシバ群れ
                 2016年10月18日 屋我地島をバックに渡るサシバの群れ
タカの渡りは毎年観察していますが、
アカハラダカやサシバが私の眼の前を悠々と旋回し、
空高く舞い上がり、南の彼方へ消えるのを見ていると
毎年地球規模で旅をする彼らに対して、畏敬の念をいだいてしまいます。




161016サシバ群れ2
                            2016年10月16日 サシバの群れ
ところで、今年のサシバの渡りも既に終盤に差し掛かってしまいましたが、
残念ながらここ名護岳では、今年も例年通りあまり沢山は確認できていません。






161017サシバ
                                                    2016年10月17日 サシバ
南西諸島では徳之島や宮古島(伊良部島)は、移動ルートの中の中継地点で、
サシバが集中し羽を休める場所になっているのに対し、
名護は通過地点に過ぎず、前日羽を休める個体も少ないからです。
また、移動中の全てのサシバが沖縄島の上空を通過する訳ではなく、あるものは離島の上空を、
またあるものは海上を通過していると考えられるからです。



161016サシバオス1
                                                  2016年10月16日 サシバオス
それでも、こんなに間近に美しいタカを観察することができるのですから、







161016サシバオス2
                                                  2016年10月16日 サシバオス
私はそれだけでも、ラッキーだと思っています。







161018サシバオス
                                                  2016年10月18日 サシバオス
また一つのシーズンに渡りは十数日続きますが、一シーズンを一回と捉えているので、
死ぬまでにあと何回タカの渡りが体験できるのかという想いで、観察に取り組んでいます。






161019ハヤブサオス
                                                 2016年10月19日 ハヤブサオス
今日は山頂にハヤブサも顔を出してくれました。
予想外の来客があるのも、観察の楽しみの一つですね。


2016年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録






スポンサーサイト
  1. 2016/10/19(水) 18:47:17|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 その7 | ホーム | 2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/112-31d66a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (36)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (25)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (4)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)
ハチクマ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR