名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

ヒョウモンカワテブクロ

030914ヒョウモンカワテブクロ
                                    2003年9月14日 ヒョウモンカワテブクロ 名護市東海岸にて

2003年9月14日、名護市東海岸にてジュゴンの食み跡を調査していた時に、この見慣れないヒトデを発見しました。

写真を撮り早速図鑑などで種を同定しようとしましたが、まったく分からず、
国立科学博物館・動物研究部 藤田敏彦先生に写真を見て頂き、
Pentaster obtusatusではないか、とのご返事を頂きました。(当時、和名もついていませんでした。)

あれから13年、新聞に見覚えのあるヒトデの写真が!
           ↓
2016年10月11日 琉球新報 ヒョウモンカワテブクロ世界初展示 沖縄美ら海水族館
「【本部】沖縄美ら海水族館は6日から、世界で初めてヒトデの一種「ヒョウモンカワテブクロ」を展示している。31日まで。
2個体を展示しており、今年4月に本部町沖で、8月に恩納村沖でそれぞれ採取した。

 同種でも個体によって色はさまざまで、主にインドネシアからフィリピンの浅い海域に生息しており、
直径約20センチのコブヒトデの仲間。沖縄美ら海水族館によると、琉球列島で見つかるのは非常に珍しく、
1933年に八重山で採取されて以来、数例しかないという。」(琉球新報電子版より)


美ら海水族館HP
   ↓
世界初展示!稀種「ヒョウモンカワテブクロ」
「ヒョウモンカワテブクロ
学名:Pentaster obtusatus
直径20センチほどのやや大型のヒトデ。体表面が1㎜ほどの細かい半球状のコブで覆われており、ざらざらとした感触のコブヒトデの仲間。
これまでの記録ではインドネシア-フィリピンの浅海域に偏在し、琉球列島では非常に稀な種類。
和名は2015年3月に、木暮陽一博士(国立研究開発法人 水産研究・教育機構 日本海区水産研究所)によりつけられた。」(同HPより)

ヒョウモンカワテブクロという和名が、2015年についたんですね。
と言うことで、早速美ら海水族館に2003年の情報を提供しました。

新種が続々と発見されている大浦湾もそうですが、やはり名護の海は魅力的ですね。






スポンサーサイト
  1. 2016/10/31(月) 12:13:21|
  2. ヒョウモンカワテブクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年秋期 アカハラダカ・サシバの渡り まとめ | ホーム | 2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 その7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/114-f77f08cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (30)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (22)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (1)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (14)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR