名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 おまけ−その1

161118ハイタカメス幼鳥1
                                               2016年11月18日 ハイタカメス幼鳥
最近姿を見せるハイタカメス幼鳥です。







161118ハイタカメス幼鳥2
                                               2016年11月18日 ハイタカメス幼鳥
何時までいてくれるのか分かりませんが、しばらくいてくれることを期待しています。







161125ハイタカメス×カラス1
                                     2016年11月25日 ハイタカ×リュウキュウハシブトガラス
そんな、よそ者(渡り鳥)であるハイタカは、留鳥のリュウキュウハシブトガラスから
しばしばモビング(擬攻撃)を受けていますが、






161125ハイタカメス×カラス2
                                     2016年11月25日 ハイタカ×リュウキュウハシブトガラス
普段から鳥を襲っているハイタカですから、あっさり反撃しています。







161125ハイタカメス×カラス3
                                     2016年11月25日 ハイタカ×リュウキュウハシブトガラス
両性爬虫類や昆虫、ネズミなどの小動物を獲物とするサシバが、カラスにほぼやられっぱなしなのと比べると、
同じタカの仲間でも、食性が違うと性格も随分違うようです。







161125ハイタカメス×カラス4
                                     2016年11月25日 ハイタカ×リュウキュウハシブトガラス








161125サシバ群れ
                                                  2016年11月25日 サシバ群れ
23、24日と雨が2日続いた翌日、久しぶりの晴れ間を待っていたかのように、
6羽のサシバが群れで現れ南に飛去し、その後を追うように続けて2羽が飛去しました。






161126鳥の羽
                                              2016年11月26日 散乱していた鳥の羽
翌日の26日の朝、観察場所へ着くと辺りに鳥の羽が散乱していました。
どうやらここで襲われたようです。
被害者は最近渡って来ているシロハラかマミチャジナイでしょうか?
被害者は後で調べるとして、さて襲ったのは誰でしょう?




161126ハイタカメス幼鳥1
                                               2016年11月26日 ハイタカメス幼鳥
最初に現れた容疑者は、ハイタカメス幼鳥でした。
最近リュウキュウハシブトガラスと戦っている強者です。






161126ハイタカオス幼鳥
                                               2016年11月26日 ハイタカオス幼鳥
次に姿を見せたのは、ハイタカオス幼鳥でした。
ハイタカのメスと比べると体は二周りほど小さく、ツミと見間違えるくらいの小物ですが、
捕獲能力は高いと思われます。





161126ハイタカメス1
                                                 2016年11月26日 ハイタカメス
そして次に現れたのは、ハイタカメス成鳥でした。
経験も豊富で有力な捕食者です。






161126ハヤブサ幼鳥
                                                 2016年11月26日 ハヤブサ幼鳥
このほか本日はハヤブサ幼鳥も現れ、どの個体にも可能性がありそうですが・・・
真相やいかに?





スポンサーサイト
  1. 2016/11/27(日) 09:27:59|
  2. ハイタカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名護のタカ渡り調査の反省会・情報交換会 のお知らせ | ホーム | 2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 その8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/117-a01eb0ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (22)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (1)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR