名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

名護のタカ渡り調査の反省会・情報交換会 のお知らせ

直前のご案内ですみません。

名護のタカ渡り調査の反省会・情報交換会を下記の日程で行うこととなりましたので、お知らせします。
なお調査に参加されていない方でも参加できますので、興味のある方は是非ご参加下さい。

日時:12月2日(金) 19~20時
場所:名護博物館
内容:名護岳および嘉津宇岳の調査結果概要をスライド等(写真多め)で振り返り、情報共有した後、意見交換、情報交換等を行います。


当日はサシバの飛去時間帯についても意見交換したいと思い、以下の時間帯別飛去数の積み上げグラフを準備しました。

2015、2016年秋期名護岳サシバ時間帯別飛去数
(※6:00〜14:00時の間を30分毎にまとめたグラフですが、日によっては調査を行っていない時間帯もあります。)
なお比較のため2015年のデータも並べました。


グラフにはいくつか山がありますが、それぞれの山は主に飛来地の違いを現しています。


2015年の3日間は、みごとに二つの山に分かれています。
6時台の山は、前日までに名護・やんばる入した群れが飛去した数を現しています。
10時30分ころにはさらに高い山がありますが、サシバの移動速度は平均時速40kmと言われており、
この群れが同じ時間帯に飛び立ったと仮定すると、およそ4時間前に40kmの速度で移動したことになるので、
約160km離れた徳之島あたりから飛来した群れだと考えられます。


これに対して2016年は、10月19日は2015年のパターンに似ていたものの、
その他は8:30〜9:00ころにピークを迎え、11時台の山もやや低いものでした。
8:30〜9:00ころの群れは名護・やんばるから飛び立った群れと考えられ、
今年はやんばるを中継地としたサシバが、例年と比べて多かたのかもしれません。
これらのピークの違いは、当日の天候はもちろん、前日、前々日の天候の影響によるものと考えられます。



サシバ移動距離

なお、サシバの一日の移動距離は平均480km前後(ウィキペディアより)と言われており、
徳之島を飛び立ったサシバは、その日のうちに宮古島、伊良部島に到達すると言われていますが、
名護・やんばるを飛び立ったサシバに同じ移動距離を当てはめると、その日のうちに八重山諸島に到達することが分かります。


調査の時は、毎回佐多岬のある九州南部や徳之島周辺の天気も見ながら、サシバの飛来を予測していますが、
予測通り来ないところが、タカの渡りをより魅力的にしているのだと理解しています。




161129サシバメス成鳥1
                                                2016年11月29日 サシバメス成鳥
さてそんなサシバですが、とぎれとぎれで数もとても少なくなったものの、まだ渡りは続いています。
11月29日は、単独のサシバ成鳥と、3羽の群れが飛去しました。






161129サシバメス成鳥2
                                                2016年11月29日 サシバメス成鳥
渡りの後半は幼鳥が多かったので、成鳥の渡りを見るのは久しぶりです。







161129ハイタカメス幼鳥1
                                               2016年11月29日 ハイタカメス幼鳥
ハイタカが比較的頻繁に確認できるのも今年の特徴かもしれません。







161129ハイタカメス幼鳥3
                                               2016年11月29日 ハイタカメス幼鳥
ハイタカのメスの幼鳥は同じ個体を今期何度か確認していますが、
この個体は羽の模様から別の個体であることが確認できました。






161129ハイタカメス幼鳥2
                                               2016年11月29日 ハイタカメス幼鳥
こんなにかわいい顔でにらまれると・・・てれる。







161129ハイタカメス幼鳥4
                                               2016年11月29日 ハイタカメス幼鳥
しばらく留まってくれることを祈るばかりです。





スポンサーサイト
  1. 2016/11/30(水) 17:52:11|
  2. ハイタカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サバニの制作 その1 | ホーム | 2016年 名護岳 秋期タカの渡り調査 おまけ−その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/118-0abfa395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (37)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (25)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (4)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
ハイタカ (9)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)
ハチクマ (2)
ジュゴン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR