名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

サバニの制作 その4

1月14日 舷側板の制作 フンドウ

170114舷側板製作32

竹クギを打ち終えたら、竹クギと竹クギの間にフンドウ(糸満ではフンルー)を入れます。
フンドウの材料はチャーギ(イヌマキ)が使われます。
フンドウ作りははじめにフンドウの幅に板を加工し、
次に棒状の材料に木工ミシン(糸ノコ)でフンドウの山と谷部分に切れ込みを入れます。




170113舷側板製作19

次に切れ込み部分にノミを当て、谷部分を落として行きます。
フンドウは一隻のサバニに数百個必要なので、作業も大変です。






170115舷側板製作31

そこで、私も少しお手伝い。
ジグを作って昇降盤で量産してみました。






170114舷側板製作29

次にフンドウをつなぐ板に打ち込みます。

はじめにフンドウの谷部分を板のつなぎ目にあて、フンドウの外形を鉛筆でなぞります。




170114舷側板製作24

次になぞった線を目安にノミを入れます。







170114舷側板製作25

必要な深さに掘って、







170114舷側板製作26

底を平らに整えます。







170114舷側板製作27

穴を掘り終えたら、フンドウにサバアンダーをつけて叩き込みます。







170114舷側板製作30









170115舷側板製作33

板の矧ぎ目がユカモチに掛かっていても、同じようにフンドウを入れて行きます。







170117舷側板製作34









170117舷側板製作34-1









170114舷側板製作28

今回このサバニを発注された佐藤さん(中央)も合流し、最初のフンドウを打ち込みました。







スポンサーサイト
  1. 2017/01/28(土) 08:51:31|
  2. サバニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サバニの制作 その5 | ホーム | サバニの制作 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/122-0a54be19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (22)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (1)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR