名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

サバニの制作 その5

1月17日 舷側板の曲げ その1

170117舷側板曲げ作業1

いよいよサバニの制作行程の中でも最もダイナミックな作業である、舷側板の曲げに入ります。
曲げ作業はこのサバニのポテンシャルを決定づける重要な作業。
作業に取りかかる前にしっかり手順を確認します。





170119舷側板曲げ作業2

海想の工房に置いてある同じ長さのサバニを採寸し、曲げる寸法を再確認します。







170119舷側板曲げ作業4

左右の舷側板が接合される部分に墨を入れ、







170119舷側板曲げ作業5

削ります。







170119舷側板曲げ作業6









170120舷側板曲げ作業8

舷側板の加工が済んだら、板を曲げやすくするためにしっかり濡らします。







170120舷側板曲げ作業9

表が済んだら板をひっくり返し、掘った部分に水を溜め一晩置きます。
このやり方は師匠である白保の新城さんから受け継いだもの。
一方糸満ではシンメー鍋でお湯を沸かし、熱湯を掛けながらゆっくり曲げます。





170121舷側板曲げ作業10

翌日、しっかり水分を吸った舷側板を立て、ヒーサキ(船首)部分を固定します。







170121舷側板曲げ作業11

そしてゆっくり開き、







170121舷側板曲げ作業14









170121舷側板曲げ作業15

内側に必要な幅を確保するため、ターンバックルを入れ、







170121舷側板曲げ作業16

トゥム(船尾)をゆっくり閉じて行きます。







170121舷側板曲げ作業17

曲げは3回に分け、この時は1時間40分ほどでトゥム(船尾)が着きました。
糸満では全体を一機に曲げるのではなく、ヒーサキ(船首)側からお湯を掛けゆっくり曲げ、固め、
全体を曲げ終わるのは、日をまたぐこともしばしばだそうです。





170121舷側板曲げ作業18

※ 作業について正確に聞き取れていない部分もあると思いますので、間違いがありましたらご指摘ください。












スポンサーサイト
  1. 2017/01/30(月) 09:08:21|
  2. サバニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サバニの制作 その6 | ホーム | サバニの制作 その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/123-def93a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (22)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (1)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR