名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

サバニの制作 その9

2月2日 スクジー(船底)その3

170130スクジー制作30

スクジー(船底)は、中央部分、角、ヒーサキ(船首)側のヒーングヮー、トゥム(船尾)側のトゥムングヮーの
四つの部材で構成されているため、合わせ面が多く作業に時間を要します。

スクジーの角部分の接合面を鉋で整えたら、




170128スクジー制作26

部材を乗せた状態で、合わせノコを入れます。







170129スクジー制作27









170129スクジー制作28

合わせノコはノコの厚みを確保するため、竹のクサビを入れながら作業します。







170131スクジー制作31

合わせノコの作業が済んだら、余分な部分を落とすため、
落とす厚み分部材の繊維をチェーンソーで切り、









170131スクジー制作32









170131スクジー制作33

ノミで落とし、







170129スクジー制作29

ディスクサンダーで面を荒削りします。









170202スクジー制作34

角の部材の成形が粗方仕上がったところで、舷側板とスクジー(中央)の間に納め、接着し、カスガイで固定しました。

ちなみに、このカスガイのかたちにも意味があります。





170202スクジー制作37

カスガイのツメは左右平行ではなく、少しハの字に開いており、
接合する材料にまたいだ状態で打ち込むことによって、それぞれの部材同士がより密着するように造られています。

それにしても沢山のカスガイが打ち込まれた状態は、まるで彫刻作品ようで魅了的です。




170202スクジー制作35

内側もこの通り








170202スクジー制作36

あるいは建築物に見立てても面白いかたちです。







170202スクジー制作38

スクジーの作業が済んだら、竹クギとフンドウを大量に使用するので、
再びフンドウの注文?を受けました。
正確なかたちのパーツを量産するのは、機械が得意とするところです。







スポンサーサイト
  1. 2017/02/09(木) 19:06:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サバニの制作 その10 | ホーム | サバニの制作 その8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/127-95dac182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (7)
リュウキュウアカショウビン (23)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR