名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

サバニの制作 その12

2月14日 スクジー(船底)その6

170214スクジー制作69

竹クギは打ち終えると、余分な部分はすぐに切り落とされました。







170214スクジー制作70

そして休む間もなく、次のフンドウの作業に取りかかります。







170216スクジー制作77

はじめにフンドウを部材の継ぎ目に当て、鉛筆で輪郭を罫書きます。
基本的にはフンドウのくびれ部分を継ぎ目に当てますが、写真の部分のように部材にフンドウが入る厚みがない場合は、
フンドウをずらして入れていました。





170216スクジー制作76

次に罫書いた線を目安にノミを入れ穴を彫り、







170215スクジー制作72

穴を彫り終えたら、フンドウ側の面を取り、
防腐効果のあるサバアンダー(サメの油)を付けて穴に当て軽くたたき入れ、






170215スクジー制作73

最後にフンドウに当て木を当てて、フンドウが穴の底に着くまでしっかりたたき入れます。







170215スクジー制作74

角部分は少し厚めのフンドウを入れます。







170214スクジー制作71

フンドウが切り落とされる前の様子は、竹クギの時と同じように彫刻作品のようにも見えます。








170216スクジー制作75









170216スクジー制作78

フンドウを切り落としたらサンダーで表面を整え、







170216スクジー制作79

外側の面が整ったところで、ようやくサバニをひっくり返しました。
ここまで来ると、海に浮かべた時の様子も目に浮かびますね。






170216スクジー制作80









170217スクジー制作83

ここからスクジーの内側の削り作業に入りました。







170217スクジー制作82

それと同時にヒーサキ(船首)部分のトウイシ造りにも取りかかりました。







170218トゥイシ制作2









170217スクジー制作84

これからしばらく腰に負担の掛かる作業が続きます。







スポンサーサイト
  1. 2017/02/20(月) 07:56:18|
  2. サバニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サバニの制作 その13 | ホーム | サバニの制作 その11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/130-93dbb760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (7)
リュウキュウアカショウビン (24)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR