名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2017年 リュウキュウアカショウビン その1

170507リュウキュウアカショウビン3
                                           2017年5月7日 リュウキュウアカショウビン
今年もリュウキュウアカショウビンの繁殖の季節が訪れました。

今年の初鳴きは4月5日と例年より早かったのですが、この春は寒い日が多く、
暖かい南の島から渡って来たリュウキュウアカショウビン達も、戸惑っていたかもしれません。

また今年の春は雨が少なく、県内のダム貯水率も5月3日の時点で45%を下回り、
落ち葉の下に産み落とされたイボイモリの卵が干涸びる恐れがあったので、
川の水を汲んで掛けてあげたほどでした。


170507リュウキュウアカショウビン1
                                           2017年5月7日 リュウキュウアカショウビン
そんな気まぐれな天候も、ここに来てようやく梅雨の走りを思わせる雨の日が増え、
鳥達の餌となる小動物が増える、うるおいの季節が始まりました。

昨年4羽の雛が巣立った営巣木で、今年も営巣してくれるかとチェックしているのですが、
何時倒れてもおかしくない状況を感じ取ったのか、今のところ営巣の気配はありません。

また、昨年からマークしていた別の営巣木も、春を迎える前に倒れてしまいました。


170507リュウキュウアカショウビン2
                                           2017年5月7日 リュウキュウアカショウビン
そんなこんなで、ここ数日は新たな営巣木を探すべく森を回っていたのですが・・・いましたいました!
昨日は求愛行動をとるカップルが、
また、本日は別のカップルが巣作りする姿が確認できました。






170507リュウキュウアカショウビン4
                                           2017年5月7日 リュウキュウアカショウビン
アカショウビンは約10日掛けて5〜7個の卵を産むそうなので、
抱卵するまで、そっと待つことにしました。







スポンサーサイト
  1. 2017/05/07(日) 18:44:00|
  2. リュウキュウアカショウビン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年 やんばる その1 | ホーム | 名護岳の4月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/137-af0030c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (7)
リュウキュウアカショウビン (23)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR