FC2ブログ

名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その3

170920アカハラダカmesu
                                               2017年9月20日 アカハラダカ メス
台風18号の影響ですっかり調子が乱され、アカハラダカの渡りが停滞していましたが、
本日再開が確認できました。






170920アカハラダカオス
                                               2017年9月20日 アカハラダカ オス








170920アカハラダカ群れ1
                                               2017年9月20日 アカハラダカ 群れ
最初の大きな群れは山頂より低い高度を羽ばたきながら飛去。
写真は大浦湾を背景に南下する群れ。奥に平島、長島が見えます






170920アカハラダカ群れ2
                                               2017年9月20日 アカハラダカ 群れ
その後辺野古岳手前でタカ柱を作り上昇し南へ滑空していきました。
この群れは280羽でした。






170920クロビタイハリオアマツバメ2
                                           2017年9月20日 クロビタイハリオアマツバメ
本日はまた、日本国内では記録の少ないクロビタイハリオアマツバメ(Hirundapus cochinchinensis)1羽が
ハリオアマツバメ1羽と共に現れました。






170920クロビタイハリオアマツバメ3
                                           2017年9月20日 クロビタイハリオアマツバメ
国内では記録の少ないクロビタイハリオアマツバメですが、
名護岳で比較的確認されており、






170920クロビタイハリオアマツバメ1
                      2017年9月20日 クロビタイハリオアマツバメ
近年は以下の通り毎年確認しています。

2014年 10月14日 1個体
     10月23日 2個体
2015年  11月9日 1個体
2016年  4月2日 1個体
       4月6日 2個体


170920ツミ幼鳥1
                                                   2017年9月20日 ツミ 幼鳥
本日は地付きツミの縄張りにアカハラダカの群れが現れ、幼鳥は苛立っているようで、
盛んに鳴きながら飛んでいました。






170920ツミ幼鳥3
                                                   2017年9月20日 ツミ 幼鳥








170920ツミ幼鳥4
                                                   2017年9月20日 ツミ 幼鳥








170920ツミ幼鳥7
                                                   2017年9月20日 ツミ 幼鳥
よほど虫のいどころが悪かったようで、翼をつぼめ私に向かって3度急降下してきました。







170920アカハラダカ群れ4
                                               2017年9月20日 アカハラダカ 群れ
9時半を過ぎアカハラダカの姿も見えなくなったところで、
そろそろ引き上げようと帰り支度をしていると、頭上に何か気配が。

見上げると、アカハラダカの群れがタカ柱を作って舞っていました。
帰り支度を整えると現れるいつものパターンです。
しまったばかりの双眼鏡取り出し、再びカウントを再開しました。


170920アカハラダカ群れ3
                                               2017年9月20日 アカハラダカ 群れ
昨日の奄美市名瀬原の飛去数が13230羽を記録したので、
大きな群れの出現は予想していましたが、
結局本日のアカハラダカの飛去数は1684羽でした。

名瀬原の飛去数の一割程度にとどまりましたが、
大きな群れが確認できただけでも嬉しいものです。


2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録




スポンサーサイト
  1. 2017/09/20(水) 18:59:29|
  2. クロビタイハリオアマツバメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その4 | ホーム | 2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その2>>

コメント

与論より

はじめまして。
与論で野鳥観察をしているものです。
今季より貴殿の観察記録を参考にさせていただいています。
昨日20日、与論でのアカハラダカですが、
島北部にて9:15飛来入島しました。
いつもより西寄りのコースでした。
高高度を数百羽の鷹柱の状態で通過しました。
この群れが何時頃名護に到着するかはわかりませんが、参考になればと思い、コメントさせていただきました。
突然の書き込み失礼いたしました。
  1. 2017/09/21(木) 07:36:39 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

ご連絡ありがとうございます。

おかぱんさん、
ご連絡ありがとうございます。
昨日20日、9:15以降に名護岳を通過した群れは
9:42  420羽
9:55  360羽
でした。
与論島から名護岳まではおよそ68km。仮に移動速度が40kmだとすると(サシバの移動速度と同じとすると)、名護まで1時間42分かかることになりますが、昨日の調査は10時20分に終了したので、与論島9:15の群れはその後に通過したと考えられます。
アカハラダカの渡り数を把握するには、調査の時間帯を広げる必要がありそうですね。
貴重な情報をありがとうございます。
ちなもに通常アカハラダカが与論島を通過する時間は9時過ぎなのでしょうか?

  1. 2017/09/21(木) 11:45:39 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

お返事ありがとうございました。

お返事ありがとうございました。
名護まで1時間42分なのですね、参考になります。

さて、ご質問にお答えいたします。
鳥見仲間からの情報ですが、与論で見られるアカハラダカは、8時台のこともあるそうです。
ただし、島に降り立った鷹が出発するのは、6:30頃です。
今日は特定できない鷹が8:20頃飛び立っていきました。

アカハラダカの観察は、自分は今季からなので、経験不足です。
自分の目が肥えていないので、今日は発見できませんでした。

サシバの観察は毎年行っていますので、
サシバの例ですと、6時台~10時頃まで島に入ってきています。
参考にはならないとは思いますが・・・

天気がいい日は毎日観察しますので、
また情報をお知らせしたいと思います。
よろしくお願いたします。
  1. 2017/09/21(木) 13:46:39 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

名護岳より

アカハラダカに関する情報は大変参考になります。
ありがとうございます。

根本的な質問をさせていただきますが、入島時間をお知らせいただいていますが、
観察場所は島のどの辺りでしょう。北側ですか?

名護におけるアカハラダカの行動は、朝いちに飛び立つのは前日名護泊した群れ。
次に飛去するのが前日やんばる泊した群れで、多くは7時半〜9時半に飛去します。

7時前に飛び立つのは稀で、観察からも朝餌を捕ってから飛び立つようです。
これまで6:30頃出発する群れは確認したことはないので、大変興味深いです。

観察者は私も含め仕事があり、9時〜10時には観察を終了するので
10時以降のデータを持っていないのが課題となています。
  1. 2017/09/21(木) 14:46:26 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

たくさんの情報ありがとうございます。
とても参考になります。

ご質問の観察場所ですが、島の北部です。わざわざそこに行って観察します。
GOOGLEマップでは、「海沿いの駐車場」と書かれているところです。海のがけっぷちです。
そこを中心に、東よりの風ならば、「宇勝海岸」のほうへ鷹が入り、
西寄りの風ならば、「寺崎海岸」あたりに鷹は入ります。
「海沿いの駐車場」からなら、そのどちらの場所も遠くても見えるのです。

なぜ北部で観察するかというと、
鷹が島を抜ける頃には、風向きによって、島の南部では抜ける場所がかなり離れすぎてしまい、一望できる場所がなく、
見失ってしまう恐れがあるからです。
一人で観察していますので、なるべく効率よく観察したいのです。

さて、朝7時前に飛び立つのは稀ということですね。
私が参考にしているもう一つのブログ、
沖永良部島ウミガメネットワークさん↓
http://bird.amamin.jp/
では、20日6:30に飛び立ったと書かれていましたので、
ありうると思います。
ただ、台風で足止めされていたので、それまでたらふく餌を食べていたのかもしれません(笑)。

与論での観察で気づいたのは、朝日が早くから当たる場所にいる鷹は、早く飛び立ち、
朝日がなかなか当たらない場所にいる鷹は、ゆっくり飛び立ちます。
そのようなことは当てはまりませんか?
名護岳は東に高い山がありそうですね。
朝日の陰になりませんか?

10月に渡ってくるサシバの群れにも、アカハラダカが混じっていますよね。
2015年10月5日の私の記録では、
6:15少数のサシバ(これは前日に島に入ったものと見られる)
7:00多数羽の鷹柱(沖永良部から?)
8:40チョウゲンボウ
9:40多数羽の鷹柱(もっと遠くから?)
前日の4日には10:50まで観察できたと書いてありました。
7:00に入った群れは、沖永良部を6時台に出たはずです。
なので、アカハラダカは6時台に飛び立つと思います。

アカハラダカの観察は今季からなので、
情報量が少なくすみません。
ですが、今後観察を続けていき、情報蓄積をしたいと思います。
細川さんも、無理をせず、長く観察されてください。
こちらも、観察情報をお知らせします。
  1. 2017/09/21(木) 18:09:24 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

名護岳より

日当たりが飛去のタイミングに影響を与えているのは確かですね。
朝から快晴の日は早い時間帯から飛び立ち、曇りの日はそれに比べると遅くなります。
タカは上昇気流を利用してソアリングするので、日が当たる場所で発生する熱上昇気流、
また斜面や山にあたった風が起こす上昇気流を利用します。

名護岳は標高345mほどの低い山ですが、周りがさらに低い山なので、
タカはここで発生する上昇気流を利用するようです。

ちなみに2016年10月1日の一便と100羽を超える群れは
6:51 20羽  
7:10 133羽
7:14 166羽
7:26 300羽
7:34 280羽
7:42 100羽
10時までの合計が2000羽

また、10月5日は
7:40 15羽
7:45 440羽
7:57 1000羽
8:08 300羽
8:09 611羽
8:52 120羽
8:57 690羽
9:00 438羽
9:36 120羽
10時までの合計が4151羽
でした。

確か奄美市名瀬崎原は7:00~9:00に観察時間を設定していますよね。
7時から始めているのは観察者の都合かもしれませんが、
7時前にタカが少ないのが理由かもしれませんね。

もしかすると、アカハラダカは島の大きさによる餌事情?によって、
素泊りの島と、朝餌を摂る島と利用の仕方を変えている可能性も考えられそうです。

他の島での状況を知ると興味が尽きませんね。
  1. 2017/09/21(木) 21:31:09 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

9/25 与論より

お疲れ様です。ご報告です。

25日与論発のアカハラダカは
300羽近く南下しました。

出発時刻は
6:40~7:30
小集団を多数作りながら、
南西の風3.4m/sの風に向かい
少し苦労しながらの出発でした。

前日に島に入った鷹を目撃できていなかったのに、
これだけの数、どこから入ったのかと不思議です。
おそらく西風に流され、島のかなり東から入ったのでしょう。
私は東側までは観察に出向いていませんでした。

アカハラダカは風に弱いのでしょうか?流されますね。
サシバ等の中型の鷹では、3.5m/sの風ぐらいでは影響を受けず、島の真北から入ってきます。

そういえば、昨日の西風の中、
ハチクマ1頭が島の真北から入りました。
10:25でした。
やはり大きい鷹は風に流されませんね。

以上ご報告申し上げます。
  1. 2017/09/25(月) 18:04:41 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

9/25名護岳より

ご報告ありがとうございます。
やはり与論島の出発は早いですね。
今日は6:35から山頂で観察していましたが、第一便は7:30でした。

最大の群れは8:38に400羽でした。
時間的に与論からの群れが入っていた可能性もありますが、
向かい風だったので、もっと遅い時間の通過だったかもしれません。

今日は9:00で観察を終了しましたが、飛去数は916羽でした。
ただ遠くを移動する群れが多く、どれもケシ粒程度の大きさでした。

ハチクマが出ましたか。やりましたね。
明日あまり期待しないで待って見ます。
  1. 2017/09/25(月) 19:01:36 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

9/27 与論より

お疲れ様です。

昨日26日と本日27日と
与論は風が強く、4m/s台~6m/s台、一時9m/sまでとなり、
鷹は舞いませんでした。

ただし、島内での姿は見受けられ、
木々からは飛び上がるのですが、
ソアしてから、再び木々に戻るというのを日中あちこちで見ました。
なので、島内待機しているようです。

今日27日は朝雨が降り、沖永良部でも雨が降り、
これでは渡ってこられないだろうと思いました。

対馬では、23日10929頭
24日2638頭、25日1192頭の記録がされていますので、
渡り切っていない鷹は、南西諸島の島々にそれなりの数が残っているものと思われます。
明日以降の風が落ち着いた日をまだ期待したいと思います。
対馬ではそろそろ終わりだろうと書かれてありました。

海沿いの崖で観察していると、
海上10m上ほどの所からツバメがびゅんびゅん入って来て、頼もしいです。
その他、セキレイ類、メジロ、ヒヨドリ、等々も海から入ってきています。

ため池では、渡り途中で食事をしているクロハラアジサシがこの時期はたくさん見られます。
もちろん飛びながら水面をかっさらうように餌を捕食しているわけです。

与論では川がない代わり、ため池がたくさんあり、
冬場は水鳥がぷかぷかと居たりして、のどかな眺めです。

さて、無駄話をしてしまいました。
また明日以降、がんばりましょう。
  1. 2017/09/27(水) 16:29:48 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

9/28 名護岳より

離島は渡り鳥が集中して、楽しそうですね。

名護岳ではアカハラダカの1000羽を超えるような群れこそ現れませんが、
群れが途絶えず、今年は比較的観察向きな年と言えそうです。

宮古島では毎年9月10日から23日まで、定点調査を行なっていますが、
今年は調査開始以来最低の14羽だったそうです。
なお定点外で期間延長した観察でも200羽弱とのこと。(9月26日現在)

近年の宮古島のアカハラダカの記録は、
にわかには信じられないような状況がつづいています。

本日の名護岳は雲が非常に多く、小雨の合間の観察で69羽に止まりました。
宮崎では本日サシバが1525羽飛去したとのこと。
明日あたりからアカハラダカとサシバが混じり合う厄介な観察になりそうです。
  1. 2017/09/28(木) 18:26:09 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/148-6a6efc3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ジュゴンの海 (17)
タカの渡り (44)
サシバ (10)
アカハラダカ (4)
ツミ (1)
ハチクマ (2)
ノスリ (1)
ハヤブサ (1)
ハイタカ (9)
リュウキュウキビタキ (1)
ノグチゲラ (3)
ヤンバルクイナ (1)
リュウキュウアカショウビン (26)
リュウキュウコゲラ (1)
ミゾゴイ (2)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (3)
リュウキュウアオバズク (2)
ヒメアマツバメ (1)
カラスバト (1)
クロツラヘラサギ (1)
ハリオアマツバメ (2)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
アトリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (2)
オリイオオコウモリ (0)
イボイモリ (6)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
サツマニシキ (1)
アサギマダラ (3)
クモの巣 (2)
コバノミヤマノボタン (1)
サガリバナ (1)
イルカンダ (1)
カゴメラン (2)
ヘツカリンドウ (1)
クチナシ (1)
サバニ (18)
西表島 (2)
未分類 (0)
オキナワオオサワガニ (1)
リュウキュウハナイカダ (1)
リュウキュウルリモントンボ (1)
オキナワキノボリトカゲ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR