FC2ブログ

名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その4

170922アカハラダカ群れ3
                                                2017年9月22日 アカハラダカ群れ
本日屋我地ひるぎ学園でのジュゴンの授業も無事に終わり、
ひと段落ついたので、ブログを再開します。

ちなみにブログの更新はのんびりですが、調査自体は雨が降らない限り、毎日続けています。




170922アカハラダカ幼鳥2
                                                2017年9月22日 アカハラダカ幼鳥
今年は昨年のように1000羽を超えるような大きな群れは今のところ現れていませんが、







170922アカハラダカ幼鳥
                                                2017年9月22日 アカハラダカ幼鳥
そこそこ群れが確認できていいるので、良い方ではないでしょうか。







170922アカハラダカ群れ
                           2017年9月22日 アカハラダカ群れ
この写真は奥に古宇利大橋が見えるので、
この群れは名護市田井等手前を通過しているものと思われます。






170923アカハラダカ幼鳥×ツミ幼鳥1
                                           2017年9月23日 アカハラダカ幼鳥×ツミ幼鳥
アカハラダカが現れると、相変わらず地付きツミは攻撃を仕掛けています。







170923アカハラダカ幼鳥×ツミ幼鳥3
                                           2017年9月23日 アカハラダカ幼鳥×ツミ幼鳥








170923アカハラダカ幼鳥×ツミ幼鳥4
                      2017年9月23日 アカハラダカ幼鳥×ツミ幼鳥








170925多野岳
                                                     2017年9月25日 多野岳
こちらは名護岳の北にある多野岳。雲が立ち上っていかにも高そうですが、
標高は358mしかありません。







170925アカハラダカオス1
                                                2017年9月22日 アカハラダカオス
これは成鳥オス。
亜成鳥に見られる翼中央の斑点は皆無です。





170925アカハラダカ群れ1
                           2017年9月25日 アカハラダカ群れ
今年の群れの通過は距離が離れたものが多く、
これはキャンプシュワブをバックに南下する350羽の群れですが、
ほとんどケシ粒程の大きさです。





170926アカハラダカメス
                                                2017年9月26日 アカハラダカメス








170926アカハラダカ群れ1
                           2017年9月26日 アカハラダカ群れ
これは多野岳をバックに南下する群れ。







170926アカハラダカ幼鳥
                                                2017年9月26日 アカハラダカ幼鳥
正面からこちらに向かってくる幼鳥。
このようなシーンは度々訪れますが、私のカメラは急激な距離の変化には対応できず、
ほとんどピンボケになりますが、これは珍しくピントが合ったカットです。





170926アカハラダカ幼鳥2
                                                2017年9月26日 アカハラダカ幼鳥
今年生まれの幼鳥は、翼中央にも細かい模様が入るのが特徴です。







170926アカハラダカ幼鳥3
                                                2017年9月26日 アカハラダカ幼鳥
明日からようやくミーニシ吹くようです。
宮崎ではサシバが大分入ってきているので、沖縄ではそろそろアカハラダカの群れにサシバが混じることでしょう。


2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録





スポンサーサイト
  1. 2017/09/28(木) 18:28:28|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その5 | ホーム | 2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その3>>

コメント

9/29 与論より

お疲れ様です。報告です。

今朝29日、6:50~7:20にかけて島から飛び立ったアカハラダカですが、
40頭ほどの群れが、順次3グループで南下しました。合計約120頭。
風速4.4m北東の風。

二番目のグループは島から海上に出たはいいが、
また陸地上空に戻り、また海上に出てはまた戻り、
ずいぶん時間をかけて決心して渡って行きました。

また、そのあと北からの鷹の飛来を待っていたのですが、
大きな鷹1頭しか確認できませんでした。(8:50)
この鷹はかなり上空を飛んでいたので、個体同定できませんでした。

今年のアカハラダカは、ひじょうな高高度を飛んでいくので、
見逃したかもしれません。
その代りアオサギ5羽がきれいな編隊で低空を渡ってき、よく観察することができました。
これが島に降りたか通過したかは確認できていません。

島内陸地では、コムクドリの群れが300~400羽ほど確認できました。
電線に押しくらまんじゅうで留まっていました。
もうすぐそちらに現れることでしょう。

以上ご報告いたします。
  1. 2017/09/29(金) 17:21:14 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

9/29 名護岳より

ご報告ありがとうございます。

こちらは27、28日と天気があまり良くなかったので、
やんばるにアカハラダカが溜まっていることを期待しましたが、
本日29日は279羽に止まりました。

また、28日に宮崎県金御岳ではサシバが1525羽飛去したので、
今期最初のサシバが確認できるかと思い、6:25に山頂でスタンバイしましたが空振り。
それではと徳之島便が通過しそうな10:30まで粘りましたが、こちらも空振りでした。

それでも明日にはサシバが確認できるのではないかと期待しています。

アオサギはまだ確認していませんが、こちらも期待したいと思います。

昨日は午後車で移動中に田畑のお多い国道沿いでノスリ1羽を確認しました。
今日はハリオアマツバメが3羽確認できました。

しばらく風向きが良さそうなので、可能な限り時間を使って観察したいと考えています。
  1. 2017/09/29(金) 18:03:20 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

9/30 10/1 与論より

お疲れ様です。報告です。

9/30
朝6:55~7:25
島発のアカハラダカは少数現れ、5頭ほど渡ったのが2グループ。
飛び立ったが島に戻って行ったものが同数ほどでした。
条件の良くない風でした。

その後午前中北から入るタカを見張りましたが、
カラ振りでした。

10/1
朝6:55正体の分らない鷹が1頭渡って行きましたが、おそらくアカハラダカ。
それ以降は飛び立つが、島に降りるアカハラダカあり。

8:30~11:00北からのサシバを観測ポイントで待つ。
風は3.6m/s~4.4m/s東から東南東の風。
以下サシバ。
8:50 1頭
8:55 1頭
9:15 1頭
10:20 3頭
10:37 2頭
単独での渡りが見られました。
もしかすると8:30より前に渡ったものもあったかもしれません。

観測ポイントから帰る時に、
この8頭のうち、4頭は島内に降りて活動しているのを確認しました。
チョウゲンボウもいつの間にか島内に降りていました。

サシバ達は東の風に向かうように、東寄りに入り、
島の東側に向かって飛翔し、島に降りて行きました。
海上から島に入ってくるサシバは、滑空ではなく
一生懸命羽ばたいて低空を入ってきました。
立っている私の頭上すれすれに入ってくる個もいて
まじか!とびっくりしました。

そちらでは9:35に200頭ですか!?
うらやましい限りです。
こちらは、明日から期待したいと思います。

以上報告いたします。
  1. 2017/10/01(日) 17:06:36 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

10/1 名護岳より

いつもご報告ありがとうございます。

昨日のアカハラダカは行ったり来たりする群れが多く、少しうんざりしましたが、
今日は比較的すんなり渡る群れが多く、スッキリしました。

9月30日は、与論や、沖永良部と同じように辛うじて7時前の6:58に445羽が飛び立ちました。

本日10月1日の9:30過ぎから入ってきた群れは、やんばるからではなく西南西から飛来しました。
名護には西側に大きな山が連なっているので、一旦そちらに入った群れが、
風上の名護岳方面に移動してきたのかもしれません。

本日10月1日の奄美市の記録で、アカハラダカが0だったのが気になります。
まだまだ見足りないアカハラダカです。
  1. 2017/10/01(日) 21:54:14 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/149-7d10dbc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ジュゴンの海 (17)
タカの渡り (44)
サシバ (10)
アカハラダカ (4)
ツミ (1)
ハチクマ (2)
ノスリ (1)
ハヤブサ (1)
ハイタカ (9)
リュウキュウキビタキ (1)
ノグチゲラ (3)
ヤンバルクイナ (1)
リュウキュウアカショウビン (26)
リュウキュウコゲラ (1)
ミゾゴイ (2)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (3)
リュウキュウアオバズク (2)
ヒメアマツバメ (1)
カラスバト (1)
クロツラヘラサギ (1)
ハリオアマツバメ (2)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
アトリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (2)
オリイオオコウモリ (0)
イボイモリ (6)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
サツマニシキ (1)
アサギマダラ (3)
クモの巣 (2)
コバノミヤマノボタン (1)
サガリバナ (1)
イルカンダ (1)
カゴメラン (2)
ヘツカリンドウ (1)
クチナシ (1)
サバニ (18)
西表島 (2)
未分類 (0)
オキナワオオサワガニ (1)
リュウキュウハナイカダ (1)
リュウキュウルリモントンボ (1)
オキナワキノボリトカゲ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR