FC2ブログ

名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その5

170929アカハラダカオス
                                                2017年9月29日 アカハラダカオス
9月29日からようやくミーニシが吹き始め、1000羽超えるアカハラダカの渡りが確認されています。

9月30日 1568羽
10月1日 2183羽




170929アカハラダカメス
                                                2017年9月29日 アカハラダカメス
今回台風18号の接近前に対馬を通過したアカハラダカ51848羽の群れの多くは沖縄島を通過せず、
台風の後に対馬を通過した群れ39164羽の一部が現在通過中なのだとと推測しますが、
実際のところはどうなのでしょうか?





170930アカハラダカ群れ4
                                                2017年9月30日 アカハラダカ群れ
写真はカヌチャリゾートをバックに南下するアカハラダカ65羽の群れ。







170930アカハラダカメス2
                                                2017年9月30日 アカハラダカメス
9月30日は朝から晴れていたので、
アカハラダカは7時前から旅の準備に動き始めました。






170930アカハラダカメス1
                                                2017年9月30日 アカハラダカメス








170930アカハラダカメス3
                                                2017年9月30日 アカハラダカメス








170930アカハラダカ群れ2
                                                2017年9月30日 アカハラダカ群れ
写真は久志岳に向かう290羽の群れ







170930アカハラダカオス2
                                                2017年9月30日 アカハラダカオス
朝日を浴びるアカハラダカの胸は、いつにも増して朱色が鮮やかです。







170930アカハラダカオス3
                                                2017年9月30日 アカハラダカオス
アカハラダカは歴としたタカですが、タカの中でも特に顔つきが優しいところがが好きです。
個人的にはかつて教育テレビの「できるかな」に出演していた「ゴン太くん」に似ていると思うのですが、
特にオスが。




170930アカハラダカオス4
                                                2017年9月30日 アカハラダカオス
ゴン太くん!







170930アカハラダカ群れ1
                                                2017年9月30日 アカハラダカ群れ








170930サシバ2
                                                     2017年9月30日 サシバ
9月30日は今期最初のサシバも確認できました。







171001アカハラダカ群れ1
                                                2017年10月1日 アカハラダカ群れ
キャンプシュワブをバックに南下するアカハラダカ150羽の群れ。







171001アカハラダカオス1
                                                2017年10月1日 アカハラダカオス










171001アカハラダカメス1
                                                2017年10月1日 アカハラダカメス               








171001アカハラダカ幼鳥3
                           2017年10月1日 アカハラダカ幼鳥








171001アカハラダカ幼鳥6
                                                2017年10月1日 アカハラダカ幼鳥
アカハラダカはツミほどではありませんが、仲間同士でちょっかいを出しながら、
アクロバチックに飛ぶことがよくあります。






171001アカハラダカ幼鳥5
                           2017年10月1日 アカハラダカ幼鳥








171001アカハラダカ幼鳥2
                                                2017年10月1日 アカハラダカ幼鳥








171001アカハラダカ幼鳥4
                                                2017年10月1日 アカハラダカ幼鳥








171001アカハラダカ幼鳥1
                                                2017年10月1日 アカハラダカ幼鳥








171001アカハラダカ幼鳥7
                                                2017年10月1日 アカハラダカ幼鳥








171001アカハラダカ幼鳥8
                                                2017年10月1日 アカハラダカ幼鳥
さて、ようやくサシバも渡ってきたことから、
この一週間でアカハラダカとサシバの数が逆転すると思われるので、
残り少なくなったアカハラダカの渡りを、存分に楽しみたいと思います。



2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録





スポンサーサイト
  1. 2017/10/01(日) 21:30:01|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その6 | ホーム | 2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その4>>

コメント

10/2 与論より

お疲れ様です。

こちらは、もうすっかりアカハラダカの影も形もありません。皆、大陸沿いに飛んだのでしょうかね?

昨日入ったサシバは、今朝はまだ島内にいて、
渡るかと思い観察していていました。
朝6時過ぎから7:20まで待ちました。
7時頃鳴き交わしてはいましたが、飛びません。

8時少し前、北の観測ポイントに行く途中、
まだ電柱の上でのんびりしているサシバを見ました。
もっとゆっくり渡ったのでしょうか。
そちらで見たサシバは、何時頃でしたか?

北から入って来たサシバは、
8:43 1頭
9:55~10:05 4頭 (毎年大きな群れが入るのはこのあたりの時刻です)
10:47 小型の鷹1頭
でした。
まだまだごく少数です。

東北東→北西の風、0.8m/s~3.4m/s
微風の上、風が回り、あまり条件が良いとはいえなかったと思います。
昨日より少し高度を高めに、
滑空と羽ばたきを繰り返して入りました。
明日は風速も良さそうな予報なので、期待してみたいと思います。

以上報告いたします。
  1. 2017/10/02(月) 18:57:47 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

10/3 名護岳より

毎日観察お疲れ様です。

台風18号接近前に対馬を通過したアカハラダカの多くが、南西諸島を経由せず、
台風の外側の風に乗って、一気に大陸、台湾に入ったと推測しています。
台湾墾丁では9月後半に既に20万羽越えですからね。

本日10/3の名護岳は、アカハラダカとサシバの端境期といった感じで
タカは合計112羽と少なめでした。
そのうちサシバは8羽。

ちなみに10/2のサシバは、
8:21 4羽
8:36 2羽
8:39 1羽
9:10 1羽

でした。

今日は風も天気も良かったのに、サシバどこにいるのかな?
  1. 2017/10/03(火) 12:10:58 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

お疲れ様です。

アカハラダカの動向、サシバの観測時間を教えていただき、
ありがとうございます。
サシバはほとんど8時台ですね。ということはやんばるからの個体でしょうね。

こちらの島に滞在しているサシバは、
渡って行こうという気配はなく、
島内のあちこちで電柱や枯れ木の上などにとまっています。

3日朝も渡っていく様子はなく、
また、北からも入ってきませんでした。

前日九州では雨だったようで、
その影響で一時少ないのかもしれません。

とはいえ、サシバは24節季の「寒露」が渡りの目安です。
今年の寒露は10/8です。
ちょうど日曜日なので、たっぷりと観察できるのではないでしょうか。

今後に期待です。
  1. 2017/10/03(火) 13:32:29 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です。

お疲れ様です。

与論も名護もサシバはまだ少ないですね。

話は変わりますが、
台湾墾丁で調査されている方の話しだと、サシバは朝05:50前に95%が飛び立つそうです。
墾丁と名護の日の出の時間差を考慮すると、だいたい日本時間の06:33頃になります。
名護でも朝一番に大きな群れがでますが、もう少し遅くなります。

おそらく前日から泊まっている場所と観察場所との距離の違いだと思われますが、
何れにしてもサシバは早起きのようですね。

また、本日宮古島の方にも確認しましたが、
今年はまだ伊良部島、下地島にはサシバの大きな群れは現れていないそうです。

明日は天気があまり良くないので、サシバは金曜日以降ですね。
  1. 2017/10/04(水) 15:47:33 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

10/13 与論より

お疲れ様です。報告です。

昨日まで、サシバは単独で入ってくるものばかりで、
いい報告ができませんでした。

本日(10/13)は、こちらから行ったサシバが見られてよかったですね。

島発のサシバ、は
6:50 6羽
でした。
その後も出たとは思いますが、
北の観測場所へ向かったので分りません。

島へ入って出て行ったであろう群れは
8:37~8:46 90羽
でした。
その後、風が強くなり、
観測場所からかなり西に流されたらしく、
カウントできていないサシバが相当数あったと思われます。

最後に、沖縄に向かうポイントへ行ってを確認すると
10:55南に出発する群れを確認できました。

島に8時台に入り出て行ったサシバは、
10時頃そちらに行ったのでしょうね。

やっと渡りが本格化してホッとしています。
  1. 2017/10/13(金) 17:22:16 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

10/14 名護岳より

お疲れ様です。

与論、沖永良部の天気を確認していますが、風の強い日が多いようですね。
この時期は毎年こんな感じなのでしょうか?

更新したブログにも書きましたが、名護岳では
10月11日から7時前の大きな群れが確認されるようになり、
10月13日からは10時過ぎの離島からの大きな群れも確認できるようになり、
やっとサシバの本格的な渡りが始まって、こちらもホッとしています。

ただ嬉しい半面、サシバの渡りが本格的になると観察時間も長くなり、
時間のやりくりが大変で、色々と手が回らなくなってきました。

今日は運良く?8時から雨になったので、このお返事や、
ブログの更新に手をつけることができました。

また今年の名護岳は、タカの数はそこそこ出ていますが、
風向が東寄りで、風速がやや強いため、山頂に付いてくれる個体が少なく
写真を撮りたい私としては、ちょっと残念です。

来週から期待したいところでしたが、来週末は台風が発生しそうなので、
なかなか理想的な渡り日和が訪れません・・・・毎年のことですが。
  1. 2017/10/14(土) 19:21:33 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした

忙しいなかの返事ありがとうございます。

時間のやりくりが大変な時期ですよね。
頑張ってください。

風のことですが、
毎年このようなことはありません。
北東寄りの風は多いですが、
風速は平均で2~4m/sです。
今年は風が強すぎる日が多いです。

なのでこちらもいつも通りの場所で観察していても、
見逃すことがあり、
風向や風速から、最適な観察場所を予測して移動しなければなりません。

アカハラダカも、入ってくるところは1回きりしか見ることができませんでした。

天気図を比べても、
今年は東西の等圧線がこの付近にずっとあり、
しかも線の間隔が狭いです。
なので強い風になりやすいのでしょうね。
困ったものです。

そちらでも、山頂での写真撮影の機会がもっとほしいでしょうね。
台風20号が去ったら少しはいいのでしょうか。
しかし、次の台風が発生するのですか?
影響が少ないといいのですが。

お時間も限られていますので、
コメントの返事はゆっくり時間のある時まで
放っておいて結構ですよ。
  1. 2017/10/14(土) 20:01:45 |
  2. URL |
  3. おかぱん #-
  4. [ 編集 ]

10/19 名護岳より

おかぱんさん、ご連絡ありがとうございます。。

昨日18日は、8:28に高度がやや高く、列をなした群れ18羽が通過しました。
通過時間から逆算すると、早朝に与論あるいは伊平屋島あたりを飛び立った群れではないかと想像しました。

群れが通過するたびに、時間を逆算し飛び立った島をあれこれ想像するのも楽しいものです。

本日19日は雲が多く、山頂ではサシバを確認することはできませんでした。
下の方では十数羽飛んだのが確認されていますが、
そもそも名護、やんばるにサシバがあまり入っていなかったと想像しています。

ここ一週間九州南部に前線が停滞し、サシバの南下が滞っていることも考えられそうですが、
既に渡りのピークが過ぎたと想像しています。

台風21号が週末に接近しますね。
非常に強い勢力との予報ですので、お互いに気をつけましょう。
  1. 2017/10/19(木) 16:45:46 |
  2. URL |
  3. 細川太郎 #1hPY2JEM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/150-c6409744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ジュゴンの海 (16)
タカの渡り (38)
サシバ (10)
アカハラダカ (4)
ツミ (1)
ハチクマ (2)
ノスリ (1)
ハヤブサ (1)
ハイタカ (9)
リュウキュウキビタキ (1)
ノグチゲラ (3)
ヤンバルクイナ (1)
リュウキュウアカショウビン (25)
リュウキュウコゲラ (1)
ミゾゴイ (2)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (3)
リュウキュウアオバズク (2)
ヒメアマツバメ (1)
カラスバト (1)
クロツラヘラサギ (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
アトリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (2)
オリイオオコウモリ (0)
イボイモリ (6)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
サツマニシキ (1)
アサギマダラ (3)
クモの巣 (2)
コバノミヤマノボタン (1)
サガリバナ (1)
イルカンダ (1)
カゴメラン (2)
ヘツカリンドウ (1)
クチナシ (1)
サバニ (18)
西表島 (2)
未分類 (0)
オキナワオオサワガニ (1)
リュウキュウハナイカダ (1)
リュウキュウルリモントンボ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR