FC2ブログ

名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その7

171010夜明けの月
                                                 2017年10月10日 夜明け前の月
このところは早起きのサシバに合わせて、毎日夜明け前に観察場所に着くようにしています。

10月10日、まだ暗い空にサシバの姿を探しましたが、
10羽以下の群ればかりで、本格的な渡りの気配はありませんでした。




171011サシバ群れ1
                                                  2017年10月11日 サシバ群れ
10月11日。ようやく朝一番の大きな群れが確認できました。
6時台 サシバ 576羽

6時台に飛去するこれらの群れは、350km以上離れた次の中継地である伊良部島に
順調に飛行できれば15時過ぎには到着するでしょう。
風がよければそのまま飛び続けて石垣島まで足を伸ばす群れもいるかもしれません。


171011月とサシバ
                             2017年10月11日 月とサシバ
月が残る空では、サシバとのツーショットも。







171011サシバ幼鳥2
                                                  2017年10月11日 サシバ幼鳥








171011サシバ幼鳥4
                                                  2017年10月11日 サシバ幼鳥








171011サシバ幼鳥3
                                                  2017年10月11日 サシバ幼鳥








171012サシバ群れ2
                             2017年10月12日 サシバ群れ
10月12日。この日も早起きの甲斐あって、
朝一番のやんばる便を確認することができました。
6時台 サシバ 558羽

観察中遠くの鷹柱を見つけることは大変ですが、
まだ暗い明け方ともなれば、なおさらです。



171012月とサシバ
                                                  2017年10月12日 月とサシバ
この日は月とサシバがかなり接近したツーショットを撮影できました。

このようなまだ暗い明け方は、空に輝く月の方が目立つので、
オートフォーカスでサシバを追っていても、二つの被写体が重なりそうになると
ピントが月に移ってしまい、サシバがピンボケになりやすいのですが、
今回はAIサーボが喰いついてくれました。


171012伊平屋島、伊是名島
                                              2017年10月12日 伊平屋島、伊是名島
また空気も澄み、遠く伊平屋島、伊是名島も朝焼けの空に溶け込んでいました。







171012サシバ群れ1
                             2017年10月12日 サシバ群れ








171012ミサゴ1
                                                    2017年10月12日 ミサゴ
ミサゴは大きな体に似合わず「ぴよぴよ」と可愛いい声で鳴きながら渡る個体も多いので、
姿を見つける前に、その鳴き声で気がつくこともしばしばです。






171012ミサゴ2
                                                    2017年10月12日 ミサゴ








171012アカハラダカ群れ
                                               2017年10月12日 アカハラダカ群れ
そろそろ終了すると思われたアカハラダカでしたが、
この日は予想外にも183羽が飛去しました。

ただ、10時過ぎに通過するはずのサシバの離島からの便が確認でませんでした。




171013サシバ群れ2
                             2017年10月13日 サシバ群れ
10月13日。朝の便の数はさらに増え、その後も飛去が続き、

6時台  638羽
7時台  521羽
8時台   36羽
9時台  283羽
10時台  247羽
11時台  475羽

合計  2200羽

と、名護岳の1日の最大飛去数を更新しました。

171013月とサシバ
                                                  2017年10月13日 月とサシバ








171013サシバ幼鳥1
                                                  2017年10月13日 サシバ幼鳥
早朝のサシバは、朝の光を浴びて青みがかって見えます。







171013サシバオス
                                                  2017年10月13日 サシバオス








171013サシバメス
                                                  2017年10月13日 サシバメス








171013サシバオス2
                                                  2017年10月13日 サシバオス








171013サシバ群れ5
                                                  2017年10月13日 サシバ群れ








171013サシバ群れ4
                             2017年10月13日 サシバ群れ
この群れは9:56に通過した、220羽の群れ。
通過時間から逆算すると、早朝(6時過ぎ)に徳之島を飛び立った便の可能性が考えられます。

さて、名護岳のサシバの渡りがいよいよ本格的になてきましたが、
来週後半にも台風が発生するとの予報もあり、その影響が気がかりです。

とは言っても、こればかりはどうすることもできませんので、
なるようにしかならないでしょうね。


2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録





スポンサーサイト
  1. 2017/10/14(土) 17:14:20|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その8 | ホーム | 2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/152-1c1b2337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ジュゴンの海 (16)
タカの渡り (38)
サシバ (10)
アカハラダカ (4)
ツミ (1)
ハチクマ (2)
ノスリ (1)
ハヤブサ (1)
ハイタカ (9)
リュウキュウキビタキ (1)
ノグチゲラ (3)
ヤンバルクイナ (1)
リュウキュウアカショウビン (25)
リュウキュウコゲラ (1)
ミゾゴイ (2)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (3)
リュウキュウアオバズク (2)
ヒメアマツバメ (1)
カラスバト (1)
クロツラヘラサギ (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
アトリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (2)
オリイオオコウモリ (0)
イボイモリ (6)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
サツマニシキ (1)
アサギマダラ (3)
クモの巣 (2)
コバノミヤマノボタン (1)
サガリバナ (1)
イルカンダ (1)
カゴメラン (2)
ヘツカリンドウ (1)
クチナシ (1)
サバニ (18)
西表島 (2)
未分類 (0)
オキナワオオサワガニ (1)
リュウキュウハナイカダ (1)
リュウキュウルリモントンボ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR