FC2ブログ

名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その11

171030ヒメサザンカ
                                                 2017年10月30日 ヒメサザンカ
10月27日に沖縄島の真上を通過した台風22号は、975hPaに発達し、
大雨と強い吹き返しの風をもたらしました。

沖縄島が台風の直撃を受けたのは、2014年10月に通過した台風19号以来3年ぶり。
台風通過後に名護岳を訪れると、沢山の枝は勿論、大小数本の木が倒れていたのですが、
山頂で何十年もの間台風の強風に耐えてきたヒメサザンカが、ついに倒れていました。

毎年白い小さな花を沢山つけ、山頂に訪れる人の目を楽しませ、私も毎回のように話しかけていた特別な木です。
状況をFBにアップしたところ、早速翌日に名護青年の家で働いていた坂下さんも駆けつけていただき、
名護青年の家の職員と共に、倒れたヒメサザンカの上部の枝を落とし、なんとか植え戻すことができました。

管理者の名護青年の家の基本的な方針は「人の手を加えない」とのことでしたので、
従来であれば登山道を塞ぐ倒木は切ってどかすだけだそうですが、
今回は前職の坂下さんが掛け合っていただいたおかげで、植え戻すことができました。
今後元気になって花を咲かせてくれれば嬉しいですが、山頂の主のような存在の木なので、
生きていてくれるだけで十分です。

翌日から水を運び、現在は経過を観察しています。

171102ハイタカ幼鳥1
                                                  2017年11月2日 ハイタカ幼鳥
さて肝心のタカの渡りの方は、サシバの渡りがほぼ終了し、
現在は写真のハイタカやミサゴなどがぽつぽつと少数が渡っている程度です。





171102ハイタカ幼鳥2
                                                  2017年11月2日 ハイタカ幼鳥







171102ハイタカ幼鳥
                                                  2017年11月2日 ハイタカ幼鳥







171102ハイタカ幼鳥_サシバ幼鳥1
                       2017年11月2日 ハイタカ幼鳥サシバ幼鳥
10月2日は、写真のハイタカ幼鳥が、
サシバ幼鳥に絡みながら渡りをしていました。





171102ハイタカ幼鳥_サシバ幼鳥2
                       2017年11月2日 ハイタカ幼鳥サシバ幼鳥







171102ハイタカ幼鳥_サシバ幼鳥3
                                            2017年11月2日 ハイタカ幼鳥とサシバ幼鳥







171102サシバ幼鳥1
                                                   2017年11月2日 サシバ幼鳥
このサシバ幼鳥は全体的に白っぽく、
特にサシバの特徴でもある灰色の頬の部分がが白っぽい
珍しい個体でした。




171102サシバ幼鳥2
                                                   2017年11月2日 サシバ幼鳥
こちらは渡る気0%の幼鳥。
すでに越冬を決め込んでいるのでしょうか?





171102サシバ幼鳥3
                                                   2017年11月2日 サシバ幼鳥







171102ハリオアマツバメ
                                                2017年11月2日 ハリオアマツバメ
ハリオアマツバメも姿を見せました。
オスメスの見分け方を知りませんが、この個体は翼が短めでした。





171103朝焼け4
                                                     2017年11月3日 朝焼け
11月3日は、朝焼けが大変美しい夜明けでした。






171103朝焼け3
                                                     2017年11月3日 朝焼け







171103朝焼け1
                                                     2017年11月3日 朝焼け
東の空は黄金色に輝いていました。






171103朝焼け2
                                                     2017年11月3日 朝焼け
この時期沢山のタカを見ることはできませんが、
綺麗な朝焼けを拝むだけでも、山頂に登る価値はありそうです。





171103ハイタカ幼鳥
                                                  2017年11月3日 ハイタカ幼鳥
運がよければハイタカにも逢えるし!



2017年(Autumn)秋期 名護岳タカの渡り調査記録





スポンサーサイト
  1. 2017/11/03(金) 17:39:51|
  2. ハイタカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その12 | ホーム | 2017年 名護岳 秋季タカの渡り調査 その10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/156-6b4b35d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ジュゴンの海 (17)
タカの渡り (44)
サシバ (10)
アカハラダカ (4)
ツミ (1)
ハチクマ (2)
ノスリ (1)
ハヤブサ (1)
ハイタカ (9)
リュウキュウキビタキ (1)
ノグチゲラ (3)
ヤンバルクイナ (1)
リュウキュウアカショウビン (26)
リュウキュウコゲラ (1)
ミゾゴイ (2)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (3)
リュウキュウアオバズク (2)
ヒメアマツバメ (1)
カラスバト (1)
クロツラヘラサギ (1)
ハリオアマツバメ (2)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
アトリ (1)
リュウキュウメジロ (1)
ルリビタキ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (2)
オリイオオコウモリ (0)
イボイモリ (6)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
サツマニシキ (1)
アサギマダラ (3)
クモの巣 (2)
コバノミヤマノボタン (1)
サガリバナ (1)
イルカンダ (1)
カゴメラン (2)
ヘツカリンドウ (1)
クチナシ (1)
サバニ (18)
西表島 (2)
未分類 (0)
オキナワオオサワガニ (1)
リュウキュウハナイカダ (1)
リュウキュウルリモントンボ (1)
オキナワキノボリトカゲ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR