名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

イボイモリ

150222イボイモリ1

沖縄の春を連想させる動植物は沢山あると思いますが、私の場合はイボイモリです。
イボイモリは奄美大島、徳之島、沖縄島、渡嘉敷島にのみ棲息する、
環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に評価されているイモリの仲間です。



150226イボイモリ1

産卵は1〜6月で、この時期イボイモリの生息場所へ行くと
一ヵ所に複数個体が集まっているのを目にすることができます。




150226イボイモリ3

ここ数日卵の入った大きなお腹を抱えた成体も確認出来ましたが、
多くが未成熟の亜成体でした。




150226イボイモリ0

イボイモリは、第三紀(6430万年前から260万年前まで)ころに繁栄した
祖先種の形状を色濃く残している生きた化石(=祖先種)と言われています。




150224イボイモリ1

未成熟の亜成体は頭が大きく、プリミティブな形態にカワイさも加わり、非常に魅力的!





150114イボイモリ2

そんなイボイモリですが、家の近くの棲息地の個体数が激減しているようです。
10年前は道路を20mほど歩くと周辺に7〜8頭は確認出来ましたが、最近は2頭確認出来れば良い方です。
原因はおそらく道路の改修工事によって作られた路肩の立ち上がり。
路肩を守るために設置したたかだか20cmほどの立ち上がりですが、イボイモリにしてみれば棲息地を分断する巨大な壁です。
昨年この件について市の職員に話しをしたのですが、そもそもこの地域に県指定天然記念物のイボイモリが棲息していること自体知らなかったようですが、
未だ改善されていませんでした。



スポンサーサイト
  1. 2015/02/27(金) 17:56:30|
  2. イボイモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015年春期タカの渡り調査 その1 | ホーム | 名護岳 冬>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/56-0ee1680d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (7)
リュウキュウアカショウビン (23)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR