名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

2014年春期タカの渡り調査 その6

2014年、春期のタカの渡り調査は4月18日で終了しましたが、表をまとめる間にも再びサシバが現れるなど、中途半端な終わり方になってしまいました。

これまで秋季の調査は、名護博物館と共に継続的、組織的に行なって来ましたが、春期の長期間の調査は今回がはじめてです。

調査を開始する時期や終了すべき時期も分からないまま行い、不適切だった部分もあると思いますが、今回の経験を今後の調査に活かしたいと思います。


南西諸島で越冬するサシバはおよそ3000羽といわれていますが、北上するこの季節にその内の約一割が名護岳でも観察出来ることが分かりました。

来年は、より丁寧な観察を心がけたいと思います。



2014春期タカの渡り





140106サシバ

越冬サシバは、もうすっかりいなくなりました。

この若いメスは、仕事場近くを狩り場としていたので、度々観察させてもらいました。



140315サシバ2

越冬中幾度となくリュウキュウハシブトガラスの攻撃を受けていましたが、何とか無事に春を迎えることが出来たようです。

今年の秋には、たくましくなった姿を再び見せてくれることを期待しています。



131214サシバ1

毎年自宅の裏山で越冬するこのオスも、無事に冬を越すことができたようです。





130319サシバ22

ちなみにこの写真は一年前の春に撮影したもの。

このオスは比較的近距離で観察することを許してくれる、貴重な存在。

おそらくこのオスも、私を個体識別しているはずです。



130319サシバ44

このオスにも秋に再会出来ることを祈りつつ・・・既に秋の渡りが待ち遠しくなっています。





スポンサーサイト
  1. 2014/04/22(火) 18:45:02|
  2. タカの渡り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アサギマダラの渡り | ホーム | 2014年春期タカの渡り調査 その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/8-195560db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (36)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (25)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (4)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)
ハチクマ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR