名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

かえる日和

160306オキナワアオガエル

昨日は雨が降り暖かく久しぶりの「かえる日和」だったので、近所をチェックしてきました。

早速現れたのはオキナワアオガエル。
ハブなどの天敵の活動が鈍る寒いこの季節に繁殖期を選んだカエルです。





160306リュウキュウカジカガエル

水たまりに集まり美声を聞かせてくれていたのは、リュウキュウカジカガエル。
趣のある綺麗な鳴き声でこころも和みます。







160306オオカサマイマイ

水たまりを避けて、高いところに避難するのはカタツムリ達。

これはオオカサマイマイ。
ぺったんこの薄べったい殻のマイマイです。





160306シュリマイマイ

これはシュリマイマイ。
殻径30mmほどの立派なマイマイです。







160306アマミタカチホヘビ

いました! お目当てのアマミタカチホヘビです。

車に轢かれたものは比較的多く目にしますが、夜行性なので生きたものを確認することは少なく、今回で2回目。
おそらく雨で道に出て来るミミズを狙っていたと思われます。





160306イボイモリ

大好きなイボイモリもいました。この場所で確認するのははじめてで、大きな収穫です。

このイボイモリはあっかんべーをしているように見えますが、口から出ているのは舌ではありません。
ちょうどミミズを飲み込み終えようとしているところ。
大きなミミズを飲み込むのに、おそらく何十分もかかっていたはずです。

イボイモリが確認できたので、毎年棲息を確認してきた裏山にも行ってみましたが、
この日は一匹も確認することがでいませんでした。

年々数が減ってきたところに、道路工事の際棲息地を分断するように路肩に高さ20cmほどの構造物を設置したことが、
さらに追い打ちをかける結果となったのかもしれません。

弱い立場の生きものの目線に立って考えないと、生物多様性はあっというまに失われてしまいますぞ!







スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 11:31:08|
  2. イボイモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年 名護岳 春季タカの渡り調査 その1 | ホーム | 春ちかし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/88-043da61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (22)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (1)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR