名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

久々のやんばる

160530ヤンバルクイナ

最近は地元名護岳で遊んでばかりいて、やんばるはご無沙汰してたので、昨日2年ぶりに出掛けてきました。

やんばるに着くと早速ヤンバルクイナポイントへ。
この時期は繁殖期もほぼ終了し、運動会状態の賑やかさは既に無く、写真の若い個体を含む8個体の確認に留まりましたが、
確認場所は分散していたのは、良い印象でした。




160530コモウセンゴケ1

脇道にそれ、登山道を少し入ったところでコモウセンゴケが群生している場所を見つけました。
これだけのコモウセンゴケを一度に見たのははじめてです。
さすがはやんばると、妙に納得してしまいました。






160530ホントウアカヒゲメス

ホントウアカヒゲは20羽以上確認しましたが、写真に納められたのはこのメス1羽だけでした。
子育てはもう終えたのかな。







160530ノグチゲラ1

本日の目的はノグチゲラだったので、過去に営巣を確認した場所付近を探そうと車を走らせていると、「キョ!」と一鳴き。
車の直ぐ脇にノグチゲラが姿を見せました。
危なっかしい動作を見ると、どうやら巣立ったばかりのようです。






160530ノグチゲラ2

ノグチゲラは車からわずか6mのところまで近づき、採餌を始めてしまいました。
巣立ち直後ということもあって綺麗な個体でした。







160530クモの巣

その後、毎回必ず訪れる登山道へ。
朝方雨が降ったので、クモの巣もいい感じです。







160530ノグチゲラ3

しばらく行くとノグチゲラが2羽林内を飛び回っていました。
どうやらこちらも巣立ったばかりの兄弟のようです。
幹から幹へ移動しながら採餌していました。






160530キノコ

この日は朝雨が降ったこともあり、林内は霧が立ちこめ視界が利かず、湿度95%といった感じで、
色とりどりのキノコが生えていました。








160530サンコウチョウ

そんなキノコをしゃがんで撮影していると、背後からリュウキュウサンコウチョウが近づいてきました。
3〜4mの至近距離にわくわくどきどきが止まりません。







160530コノハチョウ

遠くからノグチゲラのドラミングも聞こえます。

やっぱやんばるは楽しいね!






スポンサーサイト
  1. 2016/05/30(月) 19:23:00|
  2. ノグチゲラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年 リュウキュウアカショウビン その1 | ホーム | 名護岳のうりずん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/93-619e40dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (6)
リュウキュウアカショウビン (23)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (3)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (3)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (3)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (1)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR