名護・自然観察日記

名護で出会った生きものを中心に紹介します。

ジュゴンの海 その4

160606干出海草2

昨日は一年で日中最も潮が引く大潮でした。
つまり、ジュゴンの海を歩いて観察できる数少ない日。
そこで、干潮の時間にあわせてジュゴンの海を歩いてきました。






160606干出海草

これはジュゴンの餌となる海草。
花が咲き種を作る種子植物で、かつて陸上で暮らしていた植物がが海に進出した仲間。
ジュゴンがかつて陸上生活から海に帰ってきたのと同じように、進化の過程を辿ってきた植物です。

ジュゴンはこの海草だけを食べるので、運命的な関係にあるといえそうです。




160606食み跡1

そしてこれがジュゴンが海草を食べた跡。
ジュゴンは海底に着いて前進しながら海草を地下茎ごと食べるので、
海底には海草を食べた跡が帯状に残ります。
これを「食み跡」とか「ジュゴントレンチ」と呼んでいます。




160606食み跡2

この日も30〜40本程度の食み跡が確認できました。








090426食み跡3

この写真は昔撮ったものですが、男の子が見ているのがジュゴンの食み跡です。

このようにジュゴンが辛うじて棲める海が、名護市には残っています。
ちなみに、現在日本でジュゴンが確認されているのは、名護市に隣接する東西の海だけ。

この海に絶滅に瀕したジュゴンが生き残っていることは、それだけ豊かな自然が残されている証しでもあります。

このようなわずかに残された豊かな海を潰して、戦争を行なうための基地を作ることは、
愚か極まりないことだと思います。





スポンサーサイト
  1. 2016/06/07(火) 09:05:24|
  2. ジュゴンの食み跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年 リュウキュウアカショウビン その2 | ホーム | 2016年 リュウキュウアカショウビン その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonoshizen.blog.fc2.com/tb.php/95-8f7455fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細川太郎

Author:細川太郎
名護に住み、身近な自然のすばらしさに日々感謝しています。宝物は意外と自分の足下にあるものです。

※ 写真の無断複写や転用・転載はご遠慮下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
サシバ (7)
タカの渡り (31)
アサギマダラ (3)
ミゾゴイ (2)
クモの巣 (2)
リュウキュウキビタキ (1)
ヤンバルクイナ (1)
ジュゴンの食み跡 (8)
リュウキュウアカショウビン (25)
コゲラ (1)
アマミヤマガラ (1)
ホントウアカヒゲ (2)
クチナシ (1)
リュウキュウハグロトンボ (1)
リュウキュウアオバズク (1)
ヒメアマツバメ (1)
アカハラダカ (4)
カラスバト (1)
ハリオアマツバメ (1)
クロビタイハリオアマツバメ (4)
ハイタカ (6)
アトリ (1)
ハヤブサ (1)
ツミ (1)
リュウキュウイノシシ (1)
ルリビタキ (1)
イボイモリ (4)
オオシマカクムネベニボタル (1)
オキナワルリチラシ (1)
海草 (1)
サガリバナ (1)
サバニ (16)
西表島 (2)
クロツラヘラサギ (1)
リュウキュウメジロ (1)
サツマニシキ (1)
ノグチゲラ (3)
コバノミヤマノボタン (1)
ヒョウモンカワテブクロ (1)
イルカンダ (1)
オリイオオコウモリ (0)
ハチクマ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR